高プロラクチン血症

 

 

            高プロラクチン血症

 

プロラクチンは、出産後に

 母乳を分泌を促すホルモン・

 乳汁分泌ホルモンです。

 出産後に身体のエネルギーを

 母乳にそそぐため

 プロラクチンの値が高くなると

 卵巣の中の卵胞の発育を抑制します。

 そのため、

 高プロラクチンは、

 不妊症の原因になります。

 高プロラクチンの体質は、

 ストレスや緊張が溜まりやすく、

 真面目で責任感の強いタイプです。

 高プロラクチン(リンク)の体質の方は、

 月経前症候群・PMSにもなりやすく

 生理の前にイライラや

 乳房の脹りを感じる方が多いといわれています。

 漢方の気滞血オのタイプです。

 ストレスを発散して

 緊張を解きほぐし

 ホルモンのバランスを整えるために

 気血を補う

 婦宝当帰膠(リンク)

 逍遥丸(リンク)、

 心脾顆粒(リンク)

 シベリア人参茶(リンク)を加えて用います。

 不妊症と子宮内膜症(リンク)