高プロラクチン血症

 

       高プロラクチン血症

 

プロラクチンとは、

 出産後に

 母乳の分泌を促すホルモンです。

 出産後に授乳時に

 血中のプロラクチンが高くなります。

 プロラクチンが高くなると

 身体のエネルギーを母乳に使用するために

 卵巣の中の卵子の発育を抑制する働きがあり

 排卵が抑制され生理が止まる場合もあります。

 高プロラクチン血症は、

 不妊症(リンク)の原因にまります。

 高プロラクチン血症の

 基礎体温(リンク)のグラフは、ギザギザになります。

 高プロラクチン血症(リンク)の体質は、

 ストレスや緊張が強く

 自律神経(リンク)が乱れ

 ホルモンのバランスが乱れた状態です。

 そのため

 生理の前にイライラ(リンク)したり

 乳房の脹りが現れる

 月経前症候群・PMS(リンク)の症状が

 現れる場合があります。

 パニック障害(リンク)などが起こりやすくなります。

 漢方では、肝気鬱結といいます。

 ストレスを発散して

 ホルモンのバランスを整えるために

 気血を補う

 婦宝当帰膠(リンク)

 ストレスを発散して緊張を解きほぐす

 逍遥丸(リンク)

 シベリア人参茶(リンク)

 心脾顆粒(リンク)を加えます。

 

 生理で体質がわかります。(リンク)

 IMG_h3996.jpg