アンチエイジング 老化 加齢

 

        アンチエイジング 老化 加齢

 

老化 加齢によって、

 物忘れ、認知症、判断力の低下、

 足腰の痛み、シビレ、筋力低下、

 肌荒れ、乾燥肌、しみ、ソバカス、

 肌の脹りの低下、

 ドライアイ、視力低下、

 口の渇き、手足のほてり(リンク)、

 冷え、

 内臓の働きの低下、

 など様々な症状が現れます。

 

漢方では、

 老化 加齢には、

 補腎活血(ほじんかっけつ)を用います。

 補腎とは、

 細胞に潤いを与えて

 新しい細胞を作ります。

 細胞に潤いを与える補腎薬は、

 杞菊地黄丸(リンク)

 天王補心丹(リンク)

 星火亀鹿仙(リンク)を用います。

 細胞に潤いを与える食材は、

 豆乳、ヨーグルト、トマト、キュウリ、牛乳、

 すっぽん、スイカ、菊花、メロン、ユリ根、梨、

 リンゴ、ぶどう、です。

 

 新しい細胞を作る補腎薬は、

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク)を用います。

 新しい細胞を作り出す食材は、

 シナモン、栗、えび、にんにく、玉ねぎ、

 生姜、山椒、にら、クルミ、黒ゴマ、羊肉、

 などです。

 

 活血とは、

 血流を改善して

 新しい栄養を持った血液を

 細胞に流します。

 活血薬は、

 冠元顆粒(リンク)

 田七人参茶(リンク)を用います。

 血流を改善する食材は、

 サンマ、イワシ、にんにく、玉ねぎ、

 ラッキョウ、山椒、シナモン、サンザシ、

 サフラン、ベニバナ、ローズヒップ、

 などです。

肌のアンチエイジング(リンク)

 

 IMG_h1768 - コピー.jpg