女性に用いる漢方薬!

 

  女性と漢方薬  

 

女性の一生には、

  さまざまな症状の病気がおこります。

 

 不妊症(リンク) 

 不妊症 基礎体温表(リンク)

 不妊症 黄体機能不全(リンク)

 

アトピー性皮膚炎(リンク)、

 更年期障害(リンク)、

 生理痛(リンク)、

 月経血(リンク)、

 子宮内膜症(リンク)、

 自律神経失調症(リンク)、

 貧血(リンク)、

 冷え性(リンク)、

 頭痛(リンク)、

 肩こり(リンク)、

 低血圧(リンク)、

 めまい(リンク)、

 むくみ(リンク)、

 肌荒れ(リンク)、

 生理でわかるあなたの体質(リンク)

 月経血(リンク)、  

 ドライマウス(口の渇き)、

 イライラ(リンク)、

 自律神経失調症(リンク) 

 ストレス(リンク)、

 不安(リンク)、

 不眠(リンク)、

 パニック障害(リンク)、

 うつ病(リンク)、

 腰痛(リンク)。

 

生理痛(リンク)、

  生理不順(リンク)、

 無月経(リンク)、

 月経前症候群PMS(リンク)、

 月経前不快気分障害PMDD(リンク)、

 子宮内膜症、

 子宮筋腫(リンク)、

 卵巣のう腫(リンク)、

 チョコレート膿腫(リンク)、

 癒着、子宮発育不全、

 乳腺症、乳腺炎、過呼吸症候群、

 過換気症候群、起立性調節障害。

 

不妊症(リンク)、高プロラクチン障害、無排卵周期症、

 黄体機能不全、多のう胞性卵巣症候群、慢性流産。

 

更年期障害(リンク)、

 冷えのぼせ、高脂血症、物忘れ、健忘症、認知症、

 心身症、心臓神経症、赤面症、強迫神経症、

 パニック障害、どうき、息切れ、耳鳴り、ホットフラッシュ、

 尿漏れ、おりもの、甲状腺機能亢進症、橋本病、

 五十肩(リンク)。

 などの様々な症状が現れます。

 

  IMG_h0725.jpg  

 

女子は、血をもって本となす。という 言葉が、

 中医学にあります。

 生理で体質がわかります。(リンク) 

 

 女性は、

 たえず新しい血液を体中にめぐらすことが、

 女性にとって

 健康を保つための秘訣と言われています。

 

貧血、冷え性、肩こり、低血圧には、体を温め、

 新しい血液を造り、体のすみずみに栄養を流す、

 婦宝当帰膠(リンク)があります。

 

 婦宝当帰膠は、骨盤の血流を改善し、子宮、

 卵巣の働きやホルモンのバランスを良くするだけでなく、

 体を温め血行を改善して、体調を整え、

 精神的にも安定させる働きがあります。

 

更に、冷えが強い場合には、補腎薬といわれる

 参馬補腎丸(リンク)、

 参茸補血丸、

 などを加えます。

 

生理痛には、子宮の血流を改善し痛みを

 和らげるために、

 婦宝当帰膠

 田七人参茶(リンク)を加えます。

 

 ストレスがあったり、月経前期症候群、

 生理(リンク)の前にイライラ、肩こりがする時には、

 逍遥丸(リンク)を加えます。

 

不正出血には、 血液を流して止血をするため、

 婦宝当帰膠

 田七人参茶

 心脾顆粒を加えます。

      IMG_h3191.jpg     

 

更年期障害による、冷えのぼせには、

 逍遥丸、

 紅沙棘(リンク)などが基本処方になります。

 

 更に、のぼせ、ほてり、寝汗が強い場合には、

 体に潤いを与えて、ほてりを取り除く、瀉火補腎丸を加え、

 

 ほてりがあり、眠りが浅い場合には、天王補心丹を加え、

 

 ほてりとのどの渇きが強いときは、

 麦味参顆粒、

 香西洋参(リンク)を加えます。

 

物忘れ、認知症の予防には、

 脳の血流を改善する

 冠元顆粒(リンク)、

 紅沙棘を用います

 

目のかすみ、疲れには、杞菊地黄丸を用います。

 

頻尿、尿漏れには、

 参馬補腎丸、

 参茸補血丸をもちいます。

 

気持ちが沈んで、動悸、不安、心臓神経症、

 パニック障害、月経前不快気分障害、などには、

 

 新しい血液を造り、体を温め、

 気持ちを安心させ、気持ちを引き立てるために、

 婦宝当帰膠

 シベリア人参茶(リンク)を加えます。

 

 さらに不眠の時には、心脾顆粒を加えます。

 

肌荒れ、しみ、そばかす、には、皮膚に潤いを与え、

 皮膚の新陳代謝を活性化し、

 新しい皮膚粘膜を再生するため、

 麦味参顆粒、香西洋参を用い、

 

 血流を良くして、改善を図るため、

 婦宝当帰膠、冠元顆粒、紅沙棘、田七人参茶を、

 

 ストレスが影響している場合には、逍遥丸を加えます。

 

 更年期を過ぎて、身体の衰え

 身体の老化を感じる時

 星火亀鹿仙(リンク)を用います。 

 

皮膚の炎症、アトピー性皮膚炎、には、

 皮膚に潤いを与え、炎症をとる、

 沙棘クリーム、

 瑞花露クリーム(リンク)、

 瑞花露ローション、

 が用いられます。

 

  IMG_h1683.jpg 

  季節と漢方薬(リンク)

● 漢方は、

  心も身体も若々しく、穏やかに、健やかに、

        元気に保つ助けになります。

          IMG_h2937.jpg