坐骨神経痛 ぎっくり腰 漢方薬

 

  坐骨神経痛 ぎっくり腰

 

坐骨神経痛は、腰、お尻、太もも、膝、下肢の裏に通る、

 坐骨神経が、圧迫を受けて、

 神経の通る部分が、痛み、シビレを感じる状態をいいます。

 脊髄や神経根が圧迫され

 腰椎椎間板ヘルニアが原因とされています。

 脊椎分離症、脊中間狭窄症、脊椎すべり症

 なども挙げられます。 

 

原因は、

 老化や大きな衝撃により

 血流の流れが悪くなります。

 筋肉やスジに栄養を持った血液が届かなくなり

 新しい筋肉やスジを作ることができなくなります。

 腰椎、仙骨をささえる筋肉、スジがやせ細って、

 脊柱を支えることができなくまります。

 脊柱の椎骨と椎骨の間にあり

 クッションの役目をする軟骨

 椎間板が突出して

 周りの神経やじん帯を圧迫して

 しびれや痛みが起こります。 

 骨格筋周辺の筋肉・スジ・神経が収縮し固まり、

 筋肉・スジ・神経の中の血管も収縮し

 血流が悪くなり

 新しい栄養を持った血液が

 筋肉・スジ・神経に届かなくなり 

 神経が痛み、しびれを感じます。

 

治療は、

 非ステロイド性消炎鎮痛剤、鎮痛坐薬、

 湿布薬、牽引治療、腰部コルセットの装着、

 神経ブロック注射などがあります。 

 

漢方では、新しい栄養を持った血液を造りだし、

 栄養を持った血液を骨、筋肉、スジにながし、 

 いらない水分を代謝し、

新しい骨、筋肉、スジを作り出すのを助け

筋肉やスジの痙攣を解きほぐし 

痛み シビレを和らげる

 独歩顆粒(リンク)

 散痛楽々丸(リンク)を用います。

 

 

独歩顆粒は、頑固な痛み・しびれに用います。

 さらに、冷えが強いときは、

足腰を丈夫にし、筋肉 スジを作り出し 

 身体を温め痛みを軟らげる

 補腎薬(リンク)である

 参茸補血丸(リンク)

 参馬補腎丸(リンク)、 を加えます。

 

 血流が悪い時、

血流改善し 骨 筋肉 スジに栄養を流して

 痛み、シビレを改善する   

 冠元顆粒(リンク)、

 血府逐於血丸(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

 

 むくみがある時は、

いらない水分を代謝し、

 骨、筋肉、スジを丈夫にする、

 補腎利湿剤を加えます。

 

 慢性化し、筋肉、スジが炎症し、熱を持っていて

 筋肉、スジが損傷している時には、

 筋肉、スジに潤いを与え、熱を冷まし、

 新しい筋肉、スジを作り出すのを助けるために

 麦味参顆粒(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参を加えます。 

 

慢性化したり、老化して

 骨 筋肉がやせ細って、痛みやしびれを感じます。

 漢方では、

 肝は、筋を主る(リンク)

 腎は、骨を主る(リンク)

 という言葉があります。

 肝は、筋に栄養を流して新しい筋を作り出す。

 腎は、骨に栄養を流して新しい骨を作り出す。

 という意味で用います。

 骨や筋がやせ細って弱った状態は、

 肝腎両虚の状態です。

 肝と腎の働きを補う

 杞菊地黄丸を加えて用います。

 

瑞花露ボディケア入浴液(リンク)をお勧めいたします。

 瑞花露ボディケア入浴液のお風呂は、

 心と身体が温まり

 リラックスして

 癒しの時間を演出してくれます。 

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   田七人参(リンク)

   香西洋参(リンク) 

 

ぎっくり腰(リンク)も坐骨神経痛と同じく

 その症状に合わせて、体質に合わせて、漢方薬を用います。

       20gg.04.18 037s - コピー.jpg

 

ぎっくり腰 急性腰痛症

 

  ぎっくり腰 急性腰痛症

 

ぎっくり腰 急性腰痛症は、

 腰をかがめた時、物をとった時、トイレに座った時、

 朝起きた時、無理な姿勢をとった時、

 朝の洗顔の時、くしゃみをしたとき、

 同じ姿勢で座っている時、

 寝かえりをして腰をひねった時、

 突然腰に激痛を感じます。

 

原因は、

 無理なスポーツ、激しいスポーツ、

 立ち仕事やすわり仕事で同じ姿勢を続ける、

 精神的なストレスが続く、

 緊張が続く

 などで血流が悪くなり、腰を支える筋肉が弱って

 筋肉・関節・椎間板に痛みを感じます。

 

腰を支える筋肉・スジ・神経に

 新しい栄養を持った血液を流し

 腰を支える筋肉・スジ・神経を丈夫にして

 固まった筋肉・スジ・神経を和らげて

 痛みやシビレを改善します。

 血流を改善するために

 冠元顆粒(リンク)

 田七人参茶(リンク)を用います。

 骨・筋肉・スジを丈夫にするために

 独歩顆粒(リンク)を用います。

 基礎代謝を上げて

 骨・スジを作り出し

 腰を丈夫にする

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク)を用います。

坐骨神経痛(リンク)