多汗症

 

 多汗症

          

気温が高くなったり、湿度が高くなったり、運動時、

 入浴時、身体の中に熱がたまり、体温が上がります。

 

 身体の中の熱を下げ、体温を調節するために、

 汗腺を開いて、汗を出します。

 

 異常に汗が出る状態が、多汗症です。

 多汗症(リンク)にも原因があります。

 またストレス・緊張によって

 手汗、脇汗、などを生じます。

 

発汗は、

 体温が45℃以上になると脳細胞がダメージを受けるため

 発汗によって体温を調節します。

 皮膚温度が上昇すると、知覚神経を通じて

 脳下垂体の体温中枢によって、

 脳機能の最適な温度37℃になるよう

 発汗して調節します。

 

発汗は、

  体温の上昇による発汗、

  緊張による発汗、

  香辛料などの食事による発汗

 などのいろいろな原因が混じっています。

  

良い汗

 サラサラして蒸発しやすい、汗の粒が小さい、

 体温が上がった時にかく、じんわりと汗をかく、

 汗に臭いがしない。

悪い汗

 べたべたした汗、汗が乾きにくい、

 汗の粒が多くだらだらかく。

 汗にアンモニアなどミネラルを含み、

 雑菌が繁殖して、においを発生します。

 

涼茶養生という言葉があります。

 身体の中にたまった熱を取り除き

 身体にたまった熱毒を取りいて

 デトックスをして

 発汗によって奪われた

 身体に潤いを与える津液を補って

 体調を整えます。

 身体の中にたまった

 熱毒を取り除く生薬には

 金銀花、蒲公英、野菊花などを用います。

 発汗によって奪われた

 津液を補う生薬には

 西洋人参、菊花を用います。

 五涼華(リンク)

 香西洋参(リンク)、

 などがあります。

 

 

身体の中に熱がたまると、汗腺が開き、

 発汗して体温を下げ、

 冷えると、汗腺を閉じて発汗を止めます。

 

免疫力が下がり、漢方で言う気虚の状態になると、

 汗腺の調節ができなくなり 

 汗腺の開閉が、緩慢になり、身体が冷えていても、

 汗がダラダラと漏れ出てしまいます。

 そのため、冷たい汗が流れ続け、 

 発汗後、風邪をひき易くなります。

 

 気虚の汗には、

 免疫力を高め、汗腺の開閉を改善するために

 衛益顆粒(リンク)を用います。

 シベリア霊芝(リンク)を用います。

  

気虚の状態に、汗の成分である津液が不足すると、

 気陰両虚言う状態です。

 夏の暑い日、沢山の汗をかき、

 夏バテ(リンク)がひどくなり、

 心肺機能が弱ります。

 熱中症(リンク)を発症する場合もあります。 

 

 沢山の発汗により、失ったの汗の成分である

 津液を補い、

 必要以上に発汗するのを調節し

 汗腺を引き締め

 弱った心肺機能の働きを助け

 身体の疲れを取る 

 麦味参顆粒(リンク) を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参を加えます。

 

身体の中に、熱がこもりやすいタイプの人は、

 手足が火照り、ドライアイ、皮膚が乾燥し、

 口が渇き、寝汗をかきます。

 腎陰虚(リンク)の汗です。

 腎陰虚の汗は、

 汗が濃縮されて、汗に体臭が混じります。 

 

 身体に潤いを与え、

 身体のほてりを取り、

 口の渇き、眼の渇き、寝汗

 などを改善する

 滋陰補腎作用の

 瀉火補腎丸  

 天王補心丹(リンク)

 杞菊地黄丸(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露

 香西洋参

 滋陰填精、滋陰養血、滋陰潜陽のために

 星火亀鹿仙(リンク)を加えます。

 

ストレス(リンク)や緊張で、自律神経の緊張が高まり

 発汗します。

 手のひら(手汗)、足の裏、

 脇の下(脇汗)、顔、頭、

 に多く汗をかきます。

 漢方で言う

 肝気鬱結、肝鬱化火の汗です。 

 

 ストレスを発散し自律神経の緊張を解きほぐし、

 発汗を調節する

 四逆散(リンク) 

 逍遥丸(リンク)、

 柴胡加竜骨牡蠣湯を用います。

 安神作用の

 酸棗仁湯を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶(リンク)を加えます。

 

身体が熱がりで、

 食べ過ぎ、飲み過ぎ、

 油っこいもの、香辛料の多い食べ物、甘いもの、

 お酒、タバコが大好きで

 油っこい体臭のする汗をかきます。

 漢方では湿熱(しつねつ)の汗と言います。

 身体に溜まった湿熱を取り除くために

 温胆湯(リンク)を用います。

 

熱盛の多汗

 身体が熱がりで、

 顔が赤くなり、のぼせ、ほてり、にきび、

 身体の中に実熱がこもり

 多汗になります。

 身体の熱を取り除く

 瀉火利湿顆粒(リンク)を用います

 オリエンタルハーブティの

 五涼華を加えます。

 

汗は、漢方で津液(しんえき)の元です。

 津液は、身体の細胞に潤いを与えて

 皮膚粘膜を保護し、細胞の炎症を抑制し、

 新しい細胞を作り出す成分です。

 津液が不足した状態を、陰虚といいます。

 陰虚になると、ドライアイ、口の乾燥、肌の乾燥、

 身体に虚熱がこもり、寝汗、ほてりが出ます。

 津液の不足によって、エネルギーの気が

 消耗して疲労を感じます。

 不足した津液を補う食べ物は、

 スイカ、メロン、キュウリ、梨、トマト、松の実、

 黒ゴマ、すっぽん、菊花、豚肉、牡蠣、

 豆乳、ヨーグルト、牛乳、レンコン、ユリ根、

 などがお勧めです。

 

控えたい食べ物です。

 身体の中に熱を作り出し

 発汗する食べ物は、

 ニンニク、トウガラシ、生姜、コショウ、山椒、

 カレー、などのスパイス類と

 焼肉、ステーキ、などの脂肪の多い食べ物は

 控えたい食べ物です。 

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   香西洋参(リンク)

   百潤露(リンク)

 腋臭(リンク) 

 手汗 手掌多干渉(リンク)

 寝汗(リンク) 

  IMG_h1683.jpg                                                    

 

 

 

 

 

腋臭 わきが

 

 腋臭 わきが

 

 IMG_h3551.jpg 

腋臭は、

 アポクリン腺から分泌した無臭の汗が、

 皮脂腺から分泌した脂肪分と混ざり、

 細菌に分解されて

 腋臭臭を発生させます。

 

 アポクリン腺は、

 脇の下、外耳道、外陰部、乳輪、に分布しています。

 アポクリン腺は、

 緊張、ストレス、ホルモンのバランスの乱れ、

 生活習慣の乱れ 

 が原因となって発汗します。

 

 

腋臭は、

 漢方で、腋汗(えきかん)と呼ばれます。

 

 

湿熱(しつねつ)による腋臭

 身体に熱がこもる、熱がり、汗っかきで、

 脂物や肉、お酒、香辛料の多い食べ物を過食し、

 口が苦い、口が粘る

 などの症状があります。

 身体に溜まった湿熱を除いて

 腋臭を改善する

 清熱利湿剤の

 瀉火利湿顆粒(リンク)

 温胆湯を用います。

 オリエンタルハーブティの

 五涼華 

 五行草茶

 晶三仙を加えます。

 

 

陰虚(いんきょ)による腋臭

 口の渇き、手足のほてり、皮膚の乾燥、

 ドライアイ、

 など身体の潤いが不足して

 身体の体液が濃縮されたことによって

 腋臭がおこります。

 細胞に新しい潤いを与え

 皮膚粘膜に潤いを与えて

 腋臭を改善します。

 天王補心丹(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えます。

 

 

オリエンタルハーブティの紹介

 五行草(リンク)

 晶三仙(リンク)

 香西洋参(リンク)

 百潤露(リンク)

 

 多汗症(リンク)

 寝汗(リンク)

 手汗 手掌多汗症(リンク)

 IMG_h1683.jpg