気管支炎 ぜんそく せき 漢方薬

 

  気管支炎 ぜんそく せき 

 

せき 気管支炎 ぜんそくは、  

 風邪やインフルエンザをひいた後、咳が長引き、

 気管支炎やぜんそく を発症します。

 副鼻腔炎も、せき・気管支炎の原因になります。

 また、慢性の咳や気管支炎・喘息は

 ストレス・タバコ・お酒・花粉・pm2.5・ホコリ・

 ダニ・カビ・香辛料の食べ物・脂っこい食べ物・

 ニンニク・カレー・コショウ・生姜などのスパイス・

 味付けの濃い食べ物なども原因になります。

 気管支が収縮して

 痰が絡み、

 ぜーぜー、ひゅーひゅーといった喘鳴や

 呼吸困難を伴う時もあります。 

 

 漢方では、せき、痰、息苦しさ、呼吸困難、

 など症状によって用います。

 

肺熱の咳 

 のど、気管支、肺の炎症がひどく、

 のどがイガイガし、気管支の部分に

 熱がたまり、体が温まると咳が酷くなります。

 痰も黄色い粘っこい痰が出ます。

 

 肺熱の咳 には、のど、気管支、肺の熱をとりのぞき、

 炎症を改善する

 清熱止咳剤を用います。


おすすめ漢方薬

 麻杏止咳顆粒(リンク)

 

 気管支の炎症を鎮めるために

 天津感冒片(リンク)

 潤肺糖漿

 を用います。

 

 清熱涼血(喉の炎症を鎮める)

 生津止咳(喉の粘膜に潤いを与え、咳を鎮める)

 化痰(痰を取り除く)

 疏肝理気(気の巡りをよくする)

 などを高めるために

清熱解毒生津化痰剤を用います。

 

肺陰虚の咳 

 のど、気管支に潤いがなく、

 乾いた咳、声がかれる咳がでます。

 

 のど、気管支、肺の粘膜に潤いを与え

 のど、気管支、肺の粘膜を守るために

 潤肺糖漿(リンク)、

 麦門冬湯

 を用います。

 

 気管支炎、ぜんそくの炎症が治まっている時には、

 のど、気管支、肺の粘膜に潤いを与え

 肺機能を高め、免疫力を高め、

 体質を変えるために滋陰補肺剤を用います。

 

 のどや気管支の炎症を鎮めるために

 天津感冒片(リンク)

 

 響聲白龍散には、

 余甘子、

 白キクラゲ

 真珠、

 茶葉、薄荷油などが含まれます。  

 

寒痰の咳 

 のど、気管支、肺が冷えて、

  透明で水様性の痰、

 くしゃみ、鼻水を伴う席には、

 のど、気管支、肺を温め水溶性の寒痰をさばき

 咳と痰を改善する

 温肺平喘薬を用います。

  

 平喘顆粒

 

冷えが強く肺機能が弱っている時は、

 のど、気管支を温め肺機能を高め

 免疫力を高めるために

 補腎補陽薬を用います。

 

オリエンタルハーブティの紹介

   五行草(リンク)

   香西洋参(リンク)

   百潤露(リンク)

   シベリア人参(リンク)

    シベリア霊芝茶(リンク)

 

 風邪の予防(リンク)

 痰(リンク)

 気管支炎・喘息の予防(リンク)

  ぜんそく 喘息(リンク) 

 

 IMG_h3513.jpg  

気管支炎 ぜんそく 喘息の予防

 

 気管支炎 ぜんそく 喘息の予防

 

 

 気管支炎 ぜんそく 喘息の予防と

 には、

免疫力を高め、アレルギー反応を改善するため

 補気薬を用います。

 

肺熱(はいねつ)と肺陰虚(はいいんきょ)の

 気管支炎、ぜんそくには 

肺機能を高め、のど、気管支、肺の粘膜に潤いを与え、

皮膚粘膜を守るため

 補腎薬を用います。

 

肺陽虚(はいようきょ)の

 気管支炎、ぜんそくには、

のど、気管支、肺を温め

免疫力を高めるために

 補陽薬を用います。

 

オリエンタルハーブティーの紹介

   シベリア霊芝(リンク)

   シベリア人参(リンク)

   百潤露(リンク)

      IMG_h3370.jpg                  

痰(たん)

  痰(たん)

 

痰は、かぜ・インフルエンザなどによって

 呼吸器系の咽・気管支・肺・副鼻腔が炎症して

 黄色い粘りのある痰、黄色いコロコロした痰、透明の水溶性の痰

 などが生じます。

 また、かぜ・インフルエンザに感染しなくても

 一年中、痰がのどに詰まって気持ちが悪い

 飲み込む時につかえる感じ

 梅核気・咽中炙肉を訴える人もいます。

 

黄色い粘っこい痰・黄色粘痰

 黄色い粘っこい痰が多量に出る時は、

 かぜ・インフルエンザに感染して

 鼻・咽・気管支・肺が炎症している時に発生します。

 粘膜が炎症して肺熱・湿熱の状態です。

 呼吸器の炎症を鎮めるために

 清熱解毒剤の

 天津感冒片(リンク)を用います。

 

黄色いコロコロした痰・燥痰

 咽・気管支・肺の粘膜に潤いを与えて

 粘膜を守る津液 が不足して

 粘膜が乾燥してコロコロした痰が

 粘膜にへばりついてとれません。

 強い咳を伴い・顔が赤くなることがあります。

 粘膜の炎症を鎮め、粘膜に潤いを与えて

 痰を取れやすくする

 潤肺滋陰剤の

 潤肺糖漿(リンク)

 麦門冬湯を用います。

 

透明の水様性の痰・寒痰

 呼吸器系に寒邪が侵入して

 呼吸器系が冷やされて水様性の痰が出ます。

 咽・気管支・肺の粘膜を温めて

 水様性の痰をさばくために

 温肺去痰剤の

 平喘顆粒(リンク)を用います。

 

咽中炙肉(いんちゅうしゃれん)・梅核気(ばいかくき)

 一年中、のどに異物を感じ、

 物を飲み込む時、痞えを感じます。

 いつも気になって、気持ちが晴れません。

 呼吸器系の粘膜の水分の代謝が出来ない状態と

 ストレス・緊張が続いて

 梅核気の症状が長引くと言われます。

 ストレス・緊張で固まった気を開く

 疏肝理気剤を用います。

 

オリエンタルハーブティの紹介

 百潤露(リンク)

 香西洋参(リンク)

 シベリア人参茶(リンク)

せき・気管支炎(リンク)

喘息(リンク)

ストレス(リンク)

IMG_h3835.jpg