口が苦い

 

  口が苦い

 

本人が気がつかないうちに、

 緊張が身体の中に入り、

 緊張がとどまり、

 ストレスがたまり、

 目の疲れ、肩こり、

 イライラ、不安、心配、不眠、動悸、

 などの症状とともに、

 口が苦いという症状も、

 起こりやすくなります。

 また服用している薬によって、

 苦みを感じる場合もあります。 

 

自律神経の緊張が長引き、

 胃腸が緊張し、

 胃の動きが止まり、食べ物が

 胃の中にとどまると、異常発酵が起こり、

 胃の中にガスがたまり、胃が膨らんだ状態

 になり、ゲップが多くなり、

 腸の中で異常発酵が起こると、

 腸の部分が膨らんで、ガスが多くなります。

 

食事がおいしくなく、砂をかむような状態、

 味覚異常が起こります。

 いつもお腹いっぱいになります。

 

漢方では、

 「口が苦い」症状を『肝』の病と考えます。

 『肝』とは、自律神経の働きを含みます。 

 ストレスがたまり、気の流れが止まる

 ことを、肝気鬱結(リンク)と言います。

 緊張を解きほぐし、ストレスを発散し、

 気の流れを正常にし、

 胃腸の動きを良くし、口の苦い症状を

 改善する疏肝理気剤(そかんりきざい)の

 四逆散(リンク)

 開気丸(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶(リンク)を加えます。 

 

気持ちの高ぶりが強く、目の充血、イライラ 

 が強いときは、

 ストレスを発散し、

 緊張を解きほぐし、

 気持ちの高ぶりを鎮め、

 目の疲れ、目の充血、肩こりを改善し

 口の苦い症状を取り除く

 逍遥丸(リンク)、

 瀉火利湿顆粒(リンク)、

 温胆湯を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香菊花(リンク)を加えます。 

 

緊張が長引き

 肩こり、目の疲れ、イライラ、不安、ストレスなど

 肝気鬱血の症状が続くと

 身体の筋肉が固まり、血管が収縮し

 血流が悪くなりオ血(おけつ)にます。

 活血剤(かっざい)の

 冠元顆粒(リンク)

 で血流を改善します。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶(リンク)を加えます。 

 

不安、心配、不眠などの症状を

 伴う時には、

 気持ちを安らかにし、記憶力を増し、

 緊張を解きほぐし、安眠に導く

 安神作用(あんじんさよう)のある

 補腎安神剤

 加えます。

 

自律神経の緊張が続き、

 唾液や消化液の分泌が減少する 

 漢方の肝気鬱結(かんきうっけつ)になると

 口が渇き、口の中が粘り、口が苦くなります。

 唾液や消化液を作り出す

 漢方で言う津液(しんえき)を作る

 生津薬の

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 滋陰補腎作用の

 天王補心丹

 杞菊地黄丸を用います。 

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参(リンク)

 百潤露(リンク)を加えます。 

 

 オリエンタルハーブティの紹介

 シベリア人参茶(リンク)

 百潤露(リンク) 

 

 肩こり(リンク)

 月経前症候群(リンク)

 ストレス(リンク)

 不安神経症(リンク)

 自律神経失調症(リンク)

 過換気症候群(リンク)

 パニック障害(リンク)

 うつ病(リンク)              

 

  IMG_h3331.jpg