夢をよく見る 多夢

 

 夢をよくみる 多夢

 

 『夢を良く見る』

 『いやな夢 怖い夢を多く見る』ことを、

 漢方では、『多夢』といいます。

 いやな夢や怖い夢を多く見て、

 『昼間は、頭がボーとしてすっきりせず、

       疲れて 集中力 記憶力がない。』

 状態になります。

 

心脾両虚(しんぴりょうきょ)の多夢

 夢を多く見て、眠りが浅く、顔色が白く、

 動悸、驚きやすい、物忘れ、食欲不振、お腹が張る、

 息切れ、軟便、疲れやすい、などの症状を伴います。

 思い悩み、月経過多、病気、出産などで

 脾気がよわり心に栄養が届かず、

 脾気虚により神明が滋養されない状態です。

 

 脾の働きを助けて、消化吸収された栄養を

 心に届けて、大脳の働きの睡眠中枢を整える

 心脾顆粒を用います。

 ストレスを発散し緊張を解きほぐし、記憶力を増し、

 心を安らかにする安神作用の

 シベリア人参茶(リンク) 

 を用います。

  

心肝血虚(しんかんけっきょ)の多夢

 漢方で、

 心は大脳中枢を表し

 肝は自律神経を表します。

 心と肝の血虚によって

 大脳が興奮し、自律神経が緊張して

 眠りが浅くなり夢を多く見ます。

 心と肝の血を補って

 眠りのバランスを整える

 養肝安神作用の

 逍遥丸(リンク)

 を用います。

  

 腎陽虚(じんようきょ)の多夢

 疲れやすい、冷えが強い、トイレが近い、尿漏れ、

 足腰がだるい、不安、驚きやすい、動悸、

 物忘れ、気持ちが沈む、うつ病、パニック障害、

 などの症状を伴い、

 いやな夢を見る。

 

 新陳代謝を高め、新しい細胞を作り出し、

 身体を温め、免疫力を高め、

 全身の働きを活発にして

 大脳を熟睡に導く

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク) 

 を用います。 

 

 心腎不交(しんじんふこう)の多夢

 いらいら、焦燥感、眠りが浅い、多夢、手足のほてり、口の渇き、

 微熱、口内炎、目の充血、寝汗、体に熱がこもり身体がほてる、

 などの症状があります。

 

 身体に潤いを与える陰液を補い、

 身体の中に溜まった虚熱を取り除き、

 大脳の興奮を鎮め改善する

 天王補心丹(リンク) 

 を用います。

 身体に潤いを与え 虚熱を取り除き

 気持ちを鎮める

 漢方薬

 香西洋参(リンク)を用います。

 

 痰熱内擾(たんねつないじょう)の多夢

 いらいら、怒りっぽい、動悸、頭のふらつき、多夢、

 憂うつ、ストレス、悩み、怒りなどで自律神経の緊張が強くなり、

 お酒、脂っこい食べ物、香辛料の多い食べ物、により

 身体の中に熱と痰が生じて起こります。

 

 身体の中に溜まった、痰熱 をとり

 自律神経の興奮を鎮める

 温胆湯(リンク) 

 を用います。

   

 不眠症(リンク)

 IMG_1664ff.jpg