眼精疲労 疲れ目

 

  眼精疲労 疲れ目

 

お仕事や、勉強、パソコン、テレビなどで、目を使いすぎ

 目を酷使して、ストレス、過労などにより、

 眼精疲労になります。

 目のかすみ、充血、目の痛み、視力低下、ドライアイ

 などの症状を呈します。

 それに伴い、頭痛、肩こり、イライラ、不眠

 などを伴う場合もあります。

 

漢方では、

 肝は目に孔を開く と言われます。

 漢方の五臓の中で、肝と腎の働きが

 視力にかかわっています。

 肝血の栄養と腎精の潤いによって

 目の働きが成り立っています。

 そのため、

 肝血が不足する肝血虚や

 腎陰が不足する腎陰虚になると

 目のかすみ、目の疲れ、目の充血、ドライアイ

 などの症状が現われ

 視力が衰えてゆきます。

 目の働きを支える肝血と腎陰を補うことが

 眼精疲労を改善することになります。

 

漢方で、

 肝は、目に開竅する(リンク)という言葉があります。

 肝とは、自律神経も含まれます。

 ストレス、過労などで、自律神経の緊張が高ぶると、

 目がつかれ、しょぼしょぼし、

 充血、ドライアイなどになり、肩こり、頭痛、も現れやすくなります。

 

目に栄養を与え、目に潤いを与え、

 目の充血を改善し

 自律神経の高ぶりを改善するために

 肝血と腎陰を補う 

 杞菊地黄丸(リンク)を用います。

 杞菊地黄丸は、目に栄養を与えるため

 ドライアイ、白内障、緑内障、眼底出血にも用いられます。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参を加えます。

  

 オリエンタルハーブティーの

 香菊花(リンク)は、

 漢方で用いられる、最も優れた、最上級品の

 中国、杭州で産出される、白い菊花を用いています。  

 

イライラ、ストレスがあり、目の充血がある時は、

 ストレスを発散し、緊張を解きほぐす

 逍遥丸(リンク)

 を加えます。

 ストレス、イライラがつのり

 眠りが浅かったり、不眠を呈する時

 心を安らかにする安神作用の

 酸棗仁湯顆粒(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 香菊花を加えます。 

   

血流が悪くなり、肩こり、頭痛がある時には、

 血管を広げ、血流を改善し、

 目に栄養を流すために 

 冠元顆粒(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶

 紅沙棘を加えます。

  

貧血や冷え性、低血圧、肩こりを伴う眼精疲労は、

 新しい血液を作り出し

 目に栄養を与える 

 婦宝当帰膠(リンク)を加えます。

 

手足がほてり、のどが渇き、

 ドライアイ、目の充血を伴う眼精疲労には、 

 目に潤いを与え、目の充血を改善して

 目に栄養を与えるために

 瀉火補腎丸を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露を加えます。 

 

胃腸が悪く、食べ物の吸収が弱い、

 疲れやすい、内臓下垂、下痢しやすい、

 などを伴う眼精疲労には、 

 胃腸の働きを助け、

 食べ物の栄養を吸収を良くして、

 内臓に栄養を送り込み

 目に栄養を流すために

 健胃顆粒を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 晶三仙を加えます。

 

毛様体の筋肉は、水晶体のレンズを

 厚くしたり、薄くしたりして調節して、

 ピントを合わせて、

 目のかすみを改善します。

 水晶体を調節して、ピントを合わせる毛様体筋に

 栄養を流すために

 補気補血作用の

 補中丸(リンク)を用います。

  

目の疲れ、充血、とともに

 手足のほてり、口の渇き、や不眠を伴う

 心腎陰虚の時

 天王補心丹(リンク)を加えて用います。 

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   田七人参茶(リンク)

   香西洋参(リンク)

   百潤露(リンク)

   晶三仙(リンク)

   紅沙棘(リンク)

   

    IMG_s2730.jpg

               

かすみ目

 

  かすみ目

  

  2008.7.11 h014.jpg

パソコン、テレビゲーム、などによる目の酷使、

 加齢、ドライアイ、眼精疲労

 などによって、かすみ目 目のかすみが増えています。

 

目の焦点を合わせるには、

 毛様体の筋肉が伸びて、緊張した状態で、

 水晶体を膨らませて、

 水晶体を調節して

 ピントを合わせます。

 パソコン、読書、ゲームなどに集中して

 近くのものを見続けると

 毛様体筋が過度に緊張し続けて、

 毛様体筋が疲労します。

 毛様体筋の疲労によって、

 水晶体の調節が緩慢になり

 ピントが合わなくなり

 目のかすみ、かすみ目が生じます。

 

漢方に

 肝は目に開竅する(リンク)

 という言葉があります。

 漢方の五行説(リンク)では、

 目は五臓の肝が司ると考えます。

 漢方の肝とは、

 自律神経の働きを含みます。

 肝を補うことによって

 かすみ目を改善します。

 また、

 肝は筋を主る(リンク)

 という言葉もあります。

 目を酷使して、緊張が長引くと

 自律神経も緊張して

 肩こりも起こります。

 

肝血虚(かんけっきょ)の かすみ目

 貧血、冷え性、疲れやすい、めまい、

 肩こり、などを伴うかすみ目。

 新しい血液を作り出し

 目に栄養を与え、毛様体筋の調節を助け

 かすみ目を改善するために

 婦宝当帰膠(リンク)を用います。

 

気虚(ききょ)の かすみ目

 疲れやすい、下痢しやすい、疲れが残る、

 風邪をひきやすい、病気になりやすい、

 内臓下垂、脱肛、などを伴う かすみ目。

 胃腸の働きを助け、消化吸収を助け

 栄養を吸収して

 毛様体筋の働きを助け、ピントを合わせるために

 補中丸(リンク)を用います。

 

肝腎不足(かんじんふそく)の かすみ目

 ドライアイ、眼精疲労、

 口の渇き、目の充血、手足のほてり、肩こり、

 ドライシンドローム、乾燥肌、などを伴う かすみ目。

 目に栄養と潤いを与え

 毛様体筋の緊張を解きほぐし

 かすみ目を改善するために

 杞菊地黄丸(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香菊花を加えます。

 

肝気鬱結(かんきうっけつ)の かすみ目

 ストレス、イライラ、緊張、肩こり、

 交感神経の緊張、月経前症候群、

 などを伴う かすみ目。

 自律神経の緊張を解きほぐし

 毛様体筋の調節を助けるために

 疏肝理気剤の

 逍遥丸(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参を加えます。

 

オ血(おけつ)の かすみ目

 血流が悪く、肩こり、頭痛、

 筋腫、あざが出来やすい、痔、

 高血圧、高脂血症、

 などを伴う かすみ目。

 血流を改善し、毛様体筋の栄養を流して

 かすみ目を改善する

 活血剤を加えて用います。

 冠元顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参を加えます。

 

オリエンタルハーブティの紹介

 香菊花(リンク)

 シベリア人参茶(リンク)

 田七人参(リンク)

    IMG_h3551.jpg