チック症

 

 チック症 漢方薬

 

まばたきをする、口をゆがめる、鼻をクンクンさせる、

 首を傾ける、首をすくめる、咳払いをする、飛び跳ねる

 口をタンタン鳴らす、唇をなめる、

 など様々な症状を伴います。

 身体の一部が、意識せずに動いてしまう症状です。

 7歳から10歳ぐらいまでに、症状が現れると言われています。

 ストレス、緊張、不安、悲しみ、驚き、いらいら、高ぶり、などの

 精神的緊張により症状が増強されます。

 まじめな人、完璧な人、一途な人、

 やさしい人、几帳面な人、責任感の強し人、

 に現れやすい症状です。

 心の奥底、心の深部に

 不安、心配、悲しみ、怒り、驚きや緊張

 が溜まっている状態です。

 

 

漢方では、不安を解消し、ストレスを発散し、緊張をときほぐし、

 記憶力を増し、免疫力を高め、安眠に導くために

 補腎安神剤があります。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶を加えます。

 

イライラ、ストレス、気持ちの高ぶり、

 多動、動きの激しいタイプには、

 ストレスを発散し、

 緊張を解きほぐし

 気持ちを和らげる抑肝散を用います。

 

気持ちが沈みがちで、憂鬱、不安、体力が虚弱のタイプには、

 気持ちを引き立て、不安を解消する

 安心薬を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶を加えて用います。 

 

冷え症で、風邪をひき易く、や尿などがあり、

 お腹が痛くなりやすいタイプには、

 胃腸の働きを助け、身体を元気にし、成長を助ける

 黄耆健中湯

 小健中湯を用います。

 

オリエンタルハーブティには、

 ビタミンや鉄分が多く含まれるなつめ茶

 百合の根が入った百潤露もあります。 

 

オリエンタルハーブティの紹介

 シベリア人参(リンク)

 百潤露(リンク)

 

    IMG_h3513.jpg