インフルエンザ 予防 漢方薬

 

  インフルエンザの予防 漢方薬

 

インフルエンザにかかると

 倦怠感、のどの痛み、頭痛、発熱、関節の痛み、咳、の症状から

 蓄膿症、中耳炎、気管支炎、喘息、肺炎などにまで

 移行することがあります。

 かぜやインフルエンザにかからないように

 身体の免疫力を高め、免疫力を調節することが大切です。

 インフルエンザのウイルスが空気感染により体内に侵入し

 発症するまでの期間

 潜伏期は、1日〜7日と考えられています。

 

「邪之所湊、其気必虚」

邪気あつまる所、其の気必ず虚す

という言葉があります。

 邪気が集まっている状態では、

 正気は、必ず虚している。

 病気の邪気が集まって、

 病気を発症しやすくなっている状態では、

 身体を守る正気の免疫力が必ず虚している。

 という意味です。

 

 手軽に用いられる生薬は、

 抗菌・抗ウイルス作用があり

 清熱解毒作用の

 板藍茶(リンク)が最適です。

   

 漢方では、

  扶正 去邪(ふせいきょじゃ)

  正気を補って、病邪を除くことが基本です。

 

 特に『扶正(ふせい)』:正気を補って病邪の侵入を防ぐ働きである

  補気(ほき)、衛気(えき)が大切です。

 漢方では、気と血を補い、腎気を補い

  病邪から身体を守ることが、カゼやインフルエンザの予防になります。

   

 身体をカゼやインフルエンザの

 病邪から身体を守る気を衛気(えき)といいます。

 身体全体の皮膚粘膜にバリアーを張って、外から侵入する外邪から

 身体を守るのが衛気の働きです。

 

 衛気の作用を持つ生薬では、

        黄耆(おおぎ)があげられます。

 黄色い花を咲かせるマメ科のキバナオオギが用いられます。

 

 黄耆が最も多く含まれる漢方の

 衛益顆粒(リンク)

 外邪から身体を守る衛気の働きを持っています。  

 

中国で、

 新型インフルエンザの予防に用いる漢方として 

 大青葉、菊花、金銀花、連翹、桔梗、

 ・・・・・などが発表されました。  

 

大青葉は、

 日本で板藍根と呼ばれ、

 アブラナ科の 春に黄色い花をつける

 菜の花の仲間の植物です。

 

菊花、金銀花(すいかずら)は、

 五味消毒飲加減に処方されています。

 五味消毒飲加減には、 

 補公英(たんぽぽ)、紫花地丁(すみれ)、野菊花、

 金銀花(すいかずら) 

 が処方されています。

 

金銀花(すいかずら)、連翹(レンギョウの実)、桔梗は、 

 日本で用いられている

 天津感冒片(リンク)、に処方されて

 炎症を取り除く 

 清熱解毒作用があります。

 オリエンタルハーブティの

 板藍茶

 響聲白龍散

 五涼華

 五行草茶を用います。 

 

インフルエンザのウイルスは、

 鼻、のど、気管支、肺の粘膜から侵入します。

 呼吸器の粘膜が乾燥していると、

 侵入しやすくなります。

 インフルエンザウイルスは、

 熱邪を持っています。

 邪熱は、細胞の潤いの陰を消耗し

 元気の源である気を損ないます。

 失った気陰を素早く回復させることが大切です。 

 

 鼻、のど、気管支、肺の粘膜の細胞に潤いを与え、

 粘膜を守る津液(しんえき)を作り出し、

 免疫を高め、心肺機能を高め、

 インフルエンザのウイルスから守ることが大切です。

  

 

 心肺機能を高め

 のど、鼻、気管支、肺の粘膜を守る粘液を作り出す

 補気補陰作用がある

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露

 響聲白龍散を加えます。

 スポーツドリンクやヨーグルトの服用も

 のどの粘膜に潤いを与えてくれます。 

 

      

うがい 手洗い 板藍茶 

 小児から高齢者まで、

 『板藍茶』と『板藍茶のど飴』と、

 『うがいと手洗い』をお勧めいたします。

 

オリエンタルハーブティーの紹介

 板藍根(リンク)

 五涼華(リンク)

 百潤露(リンク) 

 

    IMG_0321cc.jpg