あざができやすい

 

  あざができやすい

 

「あざができやすい」 症状は、 

 皮膚の下の毛細血管がもろくなり

 血管が損傷しやすくなり

 血管から血液が漏れ出で

 皮下出血を起こしやすい状態です。

 

オ血の皮下出血

 血液の流れが悪く、

 血管にコレステロールや中性脂肪や血小板が付着して

 新しい血液が血管の壁に届かず

 血管がもろくなり、血管が損傷しやすくなり皮下出血を起こします。

 

 血管を広げ、血流を改善し

 新しい栄養を持った血液を血管の壁に流し、

 損傷しやすい、もろい血管を丈夫にし皮下出血を改善します。

 冠元顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

 

脾不統血(ひふとうけつ)の皮下出血 

 漢方では、

 脾不統血(ひふとうけつ)という言葉があります。

 脾とは、胃腸の消化器を指します。

 胃腸の働きが、慢性的に弱り、食べた栄養が消化吸収できず

 新しい血液も作られないために

 血管の壁に栄養が届かず、

 血管の壁から血液が漏れ出てしまう状態をいいます。

 鼻血や不正出血もあらわれます。

 

 胃腸の働きである脾を助け

 食べ物の消化吸収を良くし、新しい血液を作り出し

 血管の壁に栄養を流し、血管を丈夫にする

 帰脾湯を用います。

 

陽虚(ようきょ)による皮下出血 

 身体の新陳代謝が低く、冷えが強く、

 冷えによって血管が収縮し、血流が悪くなり、

 皮下出血を起こします。

 

 新しい血液を作り出す身体を温める

 婦宝当帰膠(リンク)

 新陳代謝を活発にして身体を温める

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸を加えて用います。

 

オリエンタルハーブティの紹介 

   田七人参(リンク) 

  肌のアンチエイジング(リンク)

 下肢静脈瘤(リンク)

  

  IMG_1386aa.jpg