慢性の下痢

 

  慢性の下痢

    

いつも便が柔らかく、

 お腹がごろごろして、

 ガスがたまりやすく、

 冷たいものを食べたり、飲んだりすると、

 お腹が冷えたり、

 下痢して、お腹が痛くなりやすい。

  

漢方では、胃腸が弱り、

 食べ物を、吸収できず、下痢しやすい状態を、

 脾胃気虚と言います。

 

 脾胃気虚の症状が進み、

 胃下垂、内臓下垂になった状態を、

 中気下陥と言います。

 

 脾胃気虚には、弱った胃腸の働きを助け、

 吸収を助け胃腸を元気にする

 健胃顆粒(リンク)

 を用います。

 オリエンタルハーブティの

 晶三仙を加えます。

 

脾胃気虚で

 消化吸収が弱る症状とともに

 ストレスがたまりやすく

 緊張によって胃腸の働きが固まって

 異常発酵によってガスがたまり

 お腹が張って

 胃腸が痙攣して下痢をします。

 胃腸の働きを助ける

 健胃顆粒に

 胃腸の緊張を解きほぐす

 開気丸(リンク)を加えて用います。 

 

胃下垂、内臓下垂には、垂れ下った

 内臓に栄養を与え、

 内臓を元気にし、

 胃腸を定位置に戻す、

 補中丸(リンク)、 を加えます。

 

脾腎陽虚の下痢

 お腹の冷えが強く、

 手、足、腰が冷えて、下痢が続きます。

 胃腸の働きを助けるとともに

 新陳代謝を活発にして、胃腸を温めて

 消化吸収を高めます。

 補腎温陽剤の

 参茸補血丸(リンク)

 参馬補腎丸(リンク)を加えて用います。  

 

  内臓下垂(リンク)

  過敏性大腸炎(リンク)

  潰瘍性大腸炎(リンク)

  お腹がゴロゴロ鳴る(リンク)

  下痢(リンク)   

   2008aa_0920_221847-P9200054.jpg