口内炎 歯肉炎 歯槽膿漏

 

   口内炎 歯肉炎 歯槽膿漏

 

口内炎 歯肉炎 歯槽膿漏は、口の中の炎症です。

 炎症がひどくなると、痛み、ただれ、化膿などが現れ、

 食事が困難になります。

 

 身体の中に、熱がたまりやすい体質のかたは、

 体温調節がうまく行かず

 身体の中に、熱がこもり、

 身体の中に溜った熱をもった血液が、

 口の中に集まって、

 口の粘膜から熱を放散し、熱を逃がして調節します。

 そのため、口の中、歯肉に熱がたまり

 炎症します。

 

 

漢方では、

 口の中の炎症をとり口内炎を改善するために、

 清熱解毒(せいねつげどく)作用をもつ

 漢方薬を用います。

 

  細胞に潤いを与え炎症を早く鎮めるために

 補陰薬の

 漢方薬を加えます。

  

さらに、壊れた、皮膚粘膜を修復するために、

 抗炎生肌剤を用います。

  

口腔の粘膜の炎症を鎮めるための

 漢方薬を用います。

  口腔の粘膜に潤いを与えて

 粘膜を守る

 漢方薬を用います。 

 

歯肉炎、歯槽膿漏、虫歯、親知らず などにより

 抜歯する場合は、

 抜歯の前後に

 炎症を鎮める清熱解毒剤

 出血を鎮めるために活血止血剤

 損傷した粘膜を修復するために抗炎生肌剤

 新しい細胞を作り出すために補陰剤

 などを用いることによって

 損傷が少なく、出血が少なく、

 早く炎症が静まり

 抜歯後の傷口が早く治療するための助けになります。

 

  2008.7.11 h014.jpg      

口内炎 歯肉炎 歯槽膿漏の予防

 

  口内炎 歯肉炎 歯槽膿漏の予防

 

 

口内炎 歯肉炎 歯槽膿漏の予防には、

 口の中の熱を取り、

 細胞に潤いを与え

 粘膜を守る粘液を作り出し、 

 皮膚粘膜に潤いを与え、

 皮膚粘膜を守るために

 麦味参顆粒(リンク)を、用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えます。 

 

口の中の、皮膚面膜を守り、

 新しい皮膚面膜を作り出すために

 抗炎生肌剤

 を用います。

 オリエンタルハーブティの

 紅沙棘を加えます。

 

腎は骨を主る という言葉があります。

 五臓の腎が弱ると、

 骨がもろくなり、骨の老化が早くなり、

 骨折しやすくなり、歯がぐらついて抜けやすくなり、

 虫歯になりやすくなります。

 

 歯根のぐらつきを改善するために

 歯を丈夫にするために 

 補腎薬の

 双料杞菊顆粒(リンク)を加え増す。 

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   香西洋参(リンク)

   紅沙棘(リンク) 

 

   舌炎 口角炎 口唇炎(リンク)

   口唇ヘルペス(リンク) 

       IMG_h3331.jpg               

歯周病

 

   歯周病

 

歯周病は、

 歯肉、セメント質、歯槽骨などに発症する疾患の総称です。

 歯ぐきから出血する。

 口臭がする。

 口の中がネバネバする。

 歯肉が赤くはれている。

 歯ぐきから膿がでている。

 歯ぐきが、ぐらついている。

 歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏などの

 歯周に現れる炎症 歯周疾患です。

 

胃熱の歯周病

 身体の中に熱がこもって

 口より熱を放出するために

 口の中に熱を持った血液が集まってきます。

 そのため、口の中に熱がこもって

 歯周に炎症を起こします。

 油っこい食べ物、甘い食べ物、

 にんにく、トウガラシ、カレー、コショウなど香辛料の強い食べ物、

 お酒やタバコ、

 食べ過ぎや飲み過ぎや飲食の不摂生

 などによって身体の中に熱がこもります。

 歯肉の炎症、歯肉の出血、口臭、止痛などが現れます。

 身体の中に溜まった熱を取り除く

 清熱解毒作用の

 瀉火利湿顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 五涼華(リンク)を加えます。

 

陰虚の歯周病

 身体の中に、細胞の潤いである津液が不足して

 身体の中に熱がこもって

 口の中に熱がこもり

 口の渇き、のどの渇き、口臭、歯肉炎、

 などがおこります。

 身体の潤いである津液を作り出す

 生津作用の

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露(リンク)

 香西洋参(リンク)

 を加えます。

 

腎陰虚の歯周病

 細胞に潤いが無くなり

 口が渇き、手足がほてり、

 ドライアイ、ドライスキン、

 陰虚がさらに進んでい腎陰虚になります。

 歯肉炎、歯槽膿漏、歯ぐきのぐらつき、

 歯の脱落 などが現れます。

 身体の潤いである腎陰を補い

 口の中に潤いを与えて

 口の中の熱を取り除く

 滋補生津作用の

 八仙丸(リンク)を用います。

口内炎(リンク)

口臭(リンク)

口の渇き(リンク)

 

IMG_h3835.jpg