脂漏性皮膚炎 脂漏性湿疹

 

  脂漏性皮膚炎 脂漏性湿疹

 

脂漏性皮膚炎 脂漏性湿疹は、

 頭部には赤い湿疹とフケが出来て痒みを伴います。

 顔面、額、眉、口の周り、背中に赤い湿疹がでて

 痒みを伴います。

 陰部や脇の下に湿疹を伴うこともあります。

 

 ストレス、お酒、たばこ、脂っこい食べ物や香辛料の取り過ぎ

 過労、不眠などによって免疫力が低下し、身体のバランスが崩れて、

 皮脂の分泌過多による

 皮膚の炎症、真菌の発生が原因と言われています。

 

漢方では、

 脂漏性皮膚炎 脂漏性湿疹は、

 身体にいらない水分と

 炎症を起こす熱がたまった状態、

 湿熱(しつねつ)の状態と考えます。

 身体に溜まったいらない水分の湿と、

 炎症を起こす熱を取り除くために

 清熱利湿剤(せいねつりしつざい)

 清熱解毒剤(せいねつげどくざい)を用います。

 

 脂漏性湿疹の原因の湿熱が慢性化して

 痰熱(たんねつ) に変わります。

 痰熱をさばく

 温胆湯を用います。

 

 脂漏性皮膚炎・脂漏性湿疹には

 オリエンタルハーブティの

 スイカズラ・野菊・タンポポ・スミレが含まれる

 五涼華

 五行草茶

 などを加えて用います 

   

外用としては、

 頭皮や皮膚の炎症を鎮め、かゆみを改善し

 新しい皮膚の再生を促すために

 瑞花露ローション(リンク)

 瑞花露クリーム(リンク)

 瑞花露ソープ(リンク)を用います。

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   五行草(リンク)

   五涼華(リンク)

      

食生活としては、

 漢方で考える皮膚病の原因となる食べ物、

 肥甘厚味 (ひかんこうみ)のもの

 脂っこい食べ物、甘い食べ物、味が濃い食べ物、

 香辛料の強い食べ物、

 やお酒、たばこ を控え

 規則正しい生活をすることによって

 免疫力を高め、免疫力を調節することが必要です。

 

  フケ 痒み 頭皮(リンク) 

  IMG_aa0681.jpg