熱中症と漢方薬

 

  熱中症と漢方薬

 

2008.7.11 h014 - コピー.jpg 

 暑い夏、沢山の汗をかいて

 心肺機能が弱り、熱中症になります。

 

日本の夏は、高温多湿で、

 高い気温とともに

 湿度が高く、蒸し暑い夏です。

 漢方の暑邪の季節です。

 特に近年になり、温暖化の影響により

 熱中症を発症する方が増えています。

 激しいスポーツや高温多湿によって

 体温調節ができなくなり

 体の中に熱がこもり

 疲労、倦怠、夏バテ(リンク)

 痙攣、めまい、虚脱感、失神、意識障害、多臓器の損傷

 などが起こります。

 

夏場の気温が、30℃湿度70%以上の日が

 3日以上続くと

 熱中症の発症率が急激に高まると言われます。

 赤ら顔、手足のほてり、多汗症(リンク)、

 イライラ、怒りっぽい、

 口内炎、肌荒れ、ニキビ、不眠などが現れやすい人

 屋外での作業の人

 激しいスポーツをする人

 などは、熱中症を発症しやすいといわれます。

 また、暑い夏にクーラーの効いた部屋に

 一日中いることによって

 自律神経の体温中枢が乱れて

 クーラー病(リンク)にもなります。

 

日本と同じように蒸し暑い香港や広州では、

 熱中症に涼茶養生が盛んです。

 体の中にたまった熱を取り除く清熱

 体の中にたまった毒素を出す解毒(デトックス)

 身体から奪われた潤いをおぎなう生津

 清熱解毒生津の

 金銀華、野菊花、蒲公英、玄参、麦門冬、玉竹などの

 生薬のお茶を熱中症予防に用いられます。

 日本で

 清熱解毒は、五涼華

 生津は、麦味参顆粒、香西洋参、百潤露などが

 用いられます。 

 

 

熱中症の基本処方は、

 失われた汗の成分(津液)を補い

 弱った心機能・肺気能を回復させ

 痙攣・収縮した筋肉に潤いを与えて弛緩させ

 全身の熱を鎮め

 内臓・筋肉・脳に潤いを与え

 体力を回復させるために

 補気補陰剤の 

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 麦味参顆粒に用いられている 

 白参、麦門冬は、 

 細胞に潤いを与え、失われた水分を補い、

 心機能、肺機能を元気にし

 疲労、脱力感、熱感を改善し

 動悸、息切れ、口の渇きを改善します。

 五味子は、汗の穴を調節して

 だらだらと

 必要以上に汗をかかないように汗腺を調節します。  

 中国では、漢方の強心剤として

 麦味参顆粒の注射や点滴として用いられています。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参(リンク)

 百潤露(リンク)

 五涼華(リンク)などを加えて用います。 

 

実熱の熱中症

 口の渇きが強く、

 いくら水を飲んでも改善されない状態です。 

 沢山の汗をかいて、身体の中に熱がこもって

 筋肉が炎症して足、腕の筋肉が痙攣します。

 処方:

 麦味参顆粒に

 さらに潤いを与える香西洋参、百潤露を加えて用います。

 麦味参顆粒+香西洋参(リンク)  百潤露(リンク)

 細胞に潤いを与え

 心肺機能を回復させ

 体の熱を鎮めるために

 麦味参顆粒+五涼華(リンク)

 

虚熱の熱中症

 寝汗、口の渇き、不眠、手足のほてり などが現れます。 

 身体の細胞に潤いが無い陰虚体質で、

 ドライアイ、ドライマウス、乾燥肌、の体質です。

 処方:

 麦味参顆粒に

 細胞に潤いを与え

 大脳の興奮を鎮める安神作用がある

 天王補心丹

 星火亀鹿仙を加えて用います。

 麦味参顆粒+天王補心丹(リンク)

 

気虚の熱中症

 疲れやすく食欲不振を伴います。 

 風邪をひきやすく、いつも汗をかきやすく、

 疲れやすい体質です。

 処方:

 麦味参顆粒に

 胃腸の働きを助け

 免疫力を高める

 補中丸を加えて用います。

 麦味参顆粒+補中丸(リンク)

  

血虚の熱中症

 貧血、冷え症、低血圧を伴います。 

 貧血、低血圧、めまい、動悸、疲れやすい体質です。

 処方:

 麦味参顆粒に加えて

 新しい血液を作り出す

 婦宝当帰膠を加えて用います。

 麦味参顆粒+婦宝当帰膠(リンク)

  

オ血の熱中症

 血流が悪く、肩こり、動悸、高血圧、狭心症、高脂血症、

 頭痛などを伴います。 

 血流が悪いオ血タイプです。

 処方:

 麦味参顆粒に

 血管を広げ

 血流を改善する

 冠元顆粒を加えて用います。

 麦味参顆粒+冠元顆粒(リンク)

  

心気虚の熱中症

 心臓が弱り、動悸、息切れを伴います。

 処方:

 麦味参顆粒に加えて

 心臓の働きを助ける

 強心作用の

 星火牛黄清心丸を加えて用います。 

 麦味参顆粒+星火牛黄清心丸(リンク)

 

熱中症の予防は、

 体の中にたまった熱を取り除き

 熱毒を取り除くデトックスと

 細胞に潤いを与え

 弱った心機能、肺気能を元気に回復させるため

 スポーツドリンクに

 麦味参顆粒1包や香西洋参1包

 五涼華1包を溶かして

 服用することをお勧めします。

 身体に潤いを与える津液、

 細胞に潤いを与えて、身体の中に熱がこもらないために

 滋陰・填精・養血の

 星火亀鹿仙、香西洋参、麦味参顆粒

 を用います。

  

食養生では、

 酸甘生津(リンク)という言葉があります。

 酸味の食べ物と甘味の食べ物を一緒にとると

 身体に潤いを与える津液(リンク)を作り出すことが出きます。

 

 ニガウリ(ゴーヤ)は、

  体にたまった熱を鎮め、唾液や胃液の分泌を促し

  食欲を増進します。

  ニガウリの苦みは、五臓の心に入り

  夏の暑さで弱った心機能を元気にします。

 スイカは、

  口の渇きを改善し、消化を促進し、

  利尿効果があります。

  ショ糖・果糖・リンゴ酸・カロチン・ビタミンCなどが含まれ

  夏の疲労を回復してくれます。

 キュウリは、

  体の熱をさまし、腸内の老廃物を排泄します。

 冬瓜は、

  熱を下げ、利尿作用がありむくみをとります。

  新陳代謝を促します。 

 

 トマト、ナシ、レモン、メロン、豆乳、きゅうり、

スイカ、ヨーグルト、ぶどう、豚肉、 

 菊の花、ユリの根、 

 れんこん、牛乳、

 などは、身体のほてりを取り、

 身体に潤いを与えてくれます。

 暑気あたり(リンク)

 夏の漢方薬(リンク)

 夏の不眠症(リンク) 

 クーラー病(リンク)

 夏ばて(リンク)

 夏ばて予防(リンク) 

 夏風邪(リンク)

 熱中症の予防(リンク) 

   2009bb_0815_234908-P8150022.jpg    

熱中症の予防

 

   熱中症の予防

 

     2009_0811_h230830-P8110017.jpg

身体に潤いが無くなり、

 汗を出して、体温を下げることが出来なくなり、

 身体の中に熱がこもって、

 熱中症がおこります。

 

 沢山の汗をかいて、奪われた潤いの 津液を補って、

 弱った心機能・肺機能を助け

 疲れ、だるさ、動悸、めまい、筋肉の引きつり、

 などの熱中症を予防するために

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えます。 

 

 身体に潤いを与え 肺機能助ける麦門冬

 汗腺の開閉を調節して疲れを取る五味子

 心機能を助け 細胞に潤いを与え 疲れを取る人参

 が含まれます。

 麦味参顆粒は、

 スポーツ、テニス、野球、サッカー、登山、ゴルフ、水泳、

 などの時、

 スポーツドリンク1リットルに

 麦味参顆粒1包〜2包を溶かして

 服用すると熱中症の予防に効果的です。

 

汗は心の涙

 沢山の発汗により、津液が消耗されると、

 心機能が弱ります。

 

 汗は心の液(リンク)と言われます。

 発汗により心機能が弱り、

 血液が粘り、血液粘度が高まり、

 動悸、息切れ、狭心症、動脈硬化 がおこります。

 

 麦味参顆粒に

 血流を改選して心の疲れを取る

 冠元顆粒(リンク)を加えて用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

 

 ハーブティーの解説(リンク)

 夏の漢方薬(リンク)

 熱中症(リンク)

 夏ばて(リンク) 

    IMG_h3331.jpg