チョコレートのう腫(のう胞)

 

 チョコレートのう腫(のう胞)

 

チョコレートのう腫は、

 子宮内膜症によって起こる症状の一つです。

 子宮内膜症は、

 子宮以外の器官

 (卵管、卵巣、腹膜、膀胱、膣、直腸)

 で子宮内膜が異常増殖し

 月経(リンク)のときに、

 子宮以外の器官に異常増殖した粘膜が剥離して

 出血となるために、

 月経過多、月経痛、下腹部痛、

 腰痛、排便痛、を生じます。

 生理で体質がわかります。(リンク) 

 チョコレートのう腫は、

 卵巣に異常増殖した粘膜が剥離し

 出血して、その血液が卵巣内に残り

 チョコレート状のう胞になります。

 

チョコレートのう腫は、20代〜30代に多く見られ

 強い生理痛、

 癒着による下腹部痛、

 経血にレバー状の塊が混じる、

 腰痛、股間痛、排便痛、

 性交痛、不妊症、癒着などが現れます。

 

チョコレート膿腫の原因は、

 血流が悪いオ血

 水分の代謝が悪い痰湿

 ストレスや緊張による気滞

 貧血気味の血虚

 などがあげられます。 

 

漢方では、

 新しい血液を作り出し

 女性ホルモンを調節し

 卵巣や子宮や卵管に血液を送り

 骨盤内の働きを整えるための

 漢方薬を基本に用います。

 

 卵巣に溜まったチョコレート状の血液を流し、

 血液を静脈に吸収させ

 チョコレートのう腫を小さくするために

 活血止血剤を加えます。

 オリエンタルハーブティを加えます。 

 

 水分の代謝が悪く、卵巣内の細胞からにじみ出て

 卵巣に溜まった滲出液を

 代謝して、

チョコレートのう腫を小さくするために  

 補腎補気剤利水消腫剤を加えて用います。

 オリエンタルハーブティを加えます。 

 

 出血が多く貧血の時、

 新しい血液を作り出し、

血管を丈夫にして

 出血を改善する 

 漢方薬を加えます。

 

 癒着による

 月経痛、腹痛、腰痛、股間痛、

 性交痛、排便痛には、

 皮膚粘膜を再生し、癒着を改善する 

 抗炎生肌剤を加えます。

 オリエンタルハーブティを加えます。 

 

オリエンタルハーブティーの紹介

  田七人参茶(リンク)

  シベリア霊芝茶(リンク)

  紅沙棘(リンク) 

 

 IMG_h3191.jpg