小児ぜんそく 喘息 

 

 小児ぜんそく 喘息 

 

小児喘息は、風邪をひいたり、ほこり、ダニ、花粉、

 タバコのけむり、気温の変化、激しい運動などによって

 気管支が収縮して、呼吸困難になり、

 ゼイゼイ、ヒューヒュー、ゴロゴロと音が聞こえます。

 抗アレルギー剤、去痰薬、の内服

 気管支拡張剤、ステロイド剤の吸入になります。

 

小児ぜんそく 喘息 漢方薬

 

   小児ぜんそく 漢方薬

 

 

寒痰の小児ぜんそく

 くしゃみ、鼻水、透明の痰、寒がり、顔色が青白い、頭痛、

 冷えると喘息発作が出やすい、

 などの症状があります。

 

 呼吸器が冷えて、細胞にいらない水分がたまり

 代謝できなくなり、にじみ出て、透明の冷たい痰となり、

 それが原因となって、気管支が収縮して、喘息発作を起こします。

 

 漢方薬は、のど、気管支、肺の粘膜を温め、細胞に溜った

 痰の原因になる水分を代謝し、喘息を改善する

 漢方薬を用います。

 

熱痰の小児ぜんそく 

 強い咳赤い顔、黄色い粘った痰、のどが渇く、

 風邪をひいた後に起こるばあいがあります。

 布団に入ったり、暖房のきいた部屋で、温まると、

 強い咳とともゼーゼー、ヒューヒューと発作を起こします。

 

 鼻、気管支、肺が熱を持って、粘っこい痰が絡み

 喘息の発作を起こします。

 

 呼吸器の粘膜の熱を取り除き、喘息を改善する

 漢方薬を用います。

 オリエンタルハーブティの

 五行草を加えます。 

 

肺陰虚の小児ぜんそく 

 乾いた咳、痰がほとんどなく、のどがイガイガ、

 口が渇くなどの症状があります。

 のど、気管支、肺の粘膜をまもる潤いを保つ

 粘液が無くなって、炎症しやすくなり、喘息の発作を起こします。

 

 のど、気管支、肺の粘膜を守る粘液を作り出し、

 のど、気管支、肺をまもり喘息を改善する

 潤肺糖漿(リンク)、

 麦門冬湯を用います。

 のど、気管支、肺の粘膜を守る津液を作り出し、

 肺機能を高める

 漢方薬を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露

 香西洋参を加えます。 

 

肝鬱の小児ぜんそく 

 ストレス、緊張がかかると

 喘息発作をおこすばあいがあります。

 

 ストレスを発散し、緊張を解きほぐし

 気管支をゆるめ、喘息発作を改善する

 漢方薬補腎安神剤を用います。 

 

喘息発作が収まっている時に、体質を改善します。

 

 免疫力を高め、調節し肺機能を高める

 補気補腎剤を用います。

 風邪をひきやすい人には、

 肺機能を高める

 黄耆健中湯(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参

 シベリア霊芝を加えます。 

 

オリエンタルハーブティの紹介

   五行草(リンク)

   香西洋参(リンク)

   百潤露(リンク)

   シベリア人参(リンク)

   シベリア霊芝(リンク)

 

  2009ss_0607_080420-P6070018 - コピー.jpg