更年期障害

 

  更年期障害

 

 更年期は、

 35歳から徐々に

 卵巣の働きが低下して

 女性ホルモンの分泌が減少してゆきます。 

 40歳後半から50歳にかけて、

 完全に卵巣機能が停止して

 女性ホルモンの卵胞ホルモン・黄体ホルモン

 の分泌が、さらに減少して

 月経(リンク)も乱れて、起こります。

 30歳代から始まる方もいます。

 

女性ホルモンは、

 瑞々しい肌や艶のある髪を作り出し

 若々しく美しく健康な女性を保つ働きがあります。

 女性ホルモンは、

 骨を作り出し骨粗鬆症を防ぎ、

 コレステロール・中性脂肪を代謝して

 動脈硬化を防ぐ働きがあります。

 また免疫機能を高め、調節します。

 女性ホルモンは、

 気持ちを前向きに、自信にあふれ、明るく、積極的に

 元気にしてくれます。

 更年期に入り、卵巣の働きが停止して、

 女性ホルモンの分泌が減少すると

 肌が荒れ、アトピー(リンク)

 しみ、しわ、肌の老化(リンク)

 、髪に艶が無くなり、

 コレステロール・中性脂肪の値が高くなり

 免疫力が低下して

 気持ちも沈みがちになり

 老化が進んでゆきます。

 生理で体質がわかります。(リンク)

 

更年期の症状は、

 冷えのぼせ(リンク)、

 ホットフラッシュ、ドライアイ(リンク)、

 ドライマウス(リンク)、口腔乾燥症、

 乾燥肌、ドライシンドローム(リンク)、

 肌荒れ(リンク)、 肌の痒み(リンク)、

 白髪、抜け毛、足腰の弱り、

 めまい、メニエール(リンク)、

 不眠(リンク)、動悸、

 トイレが近い(リンク)

 便秘、肌荒れ、

 生理痛(リンク)、生理不順(リンク)、

 不正出血(リンク)、排卵痛、

 冷え性(リンク)、ほてり、うつ病(リンク)、

 不安神経症、過呼吸(リンク)、

 パニック障害(リンク)、

 月経前症候群、

 イライラし怒りっぽい(リンク)、

 自律神経失調症(リンク)、

 体臭(リンク)、

 手足のほてり(リンク)、

 乳腺症、

 子宮筋腫、卵巣嚢腫、

 子宮内膜症(リンク)、

 など様々な症状があります。

 

漢方では、

 女性の身体をは、7の倍数で変化すると言われます。

 14歳で初潮を迎える。

 21歳で成熟期を迎え、月経周期が安定します。

 28歳で身体機能や生殖機能のピークに達し、

  充実して 妊娠・出産に最も適した時期を迎えます。

 35歳で 徐々に老化が始まります。

 

 漢方では、35歳から

 更年期が始まっている と考えます。

 

更年期になると

 卵巣の働きが衰え

 卵巣の中の卵胞の発育が衰えるために

 卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少します。

 そのため

 エストロゲンの分泌を促す

 卵胞刺激ホルモン(FSH)が増加します。

 FSHが、20mlU/ml以上になると

 卵巣機能の低下を考えます。

 更年期障害2へ続く(リンク) 

              

更年期障害 漢方薬

 

 更年期障害 2

 

漢方の言葉に、

 「年逾四十、陰気自半」「骨蒸夜熱・・・・。」とあります。

 年齢が40歳に達すると

 身体の細胞に潤いを与える陰液が半減して

 身体に熱がこもり

 手足のほてりや、口の渇きが現れます。

 という意味です。

 更年期障害で、

 身体が熱くなり、顔が赤くなり、のぼせ、発汗、

 を繰り返す、ホットフラッシュには、

 自律神経を調節し、のぼせ、ほてり、発汗を改善する

 逍遥丸(リンク)

 用います。

 

 ホットフラッシュ(リンク)が長引き、発汗を繰り返し、

 身体に潤いが無くなり、

 手足のほてり、ドライアイ、口の渇きを 伴う時は、

 細胞に潤いを与え、口渇、手足のほてりを改善する

 杞菊地黄丸を加えます。

 

 手足がほてり、不眠、動悸を伴う症状には、

 潤いと、安神作用をもつ天王補心丹(リンク)

 動悸を改善する星火牛黄清心丸

 を加えます。

 

更年期の冷え症

 更年期に入り、卵胞ホルモンの働きが低下して

 新陳代謝が低下し

 新しい細胞を作り出す時間が長引き

 冷え性が強く現れます。

 下半身の冷え、手足の冷え、頭痛、肩こり、

 めまい、気持ちの落ち込み、疲れやすくなり、

 気力がなくなります。

 新しい血液を作り出し、

 身体の隅々に栄養を持った血液を流し

 新陳代謝を活発にして

 新しい細胞を作り出し

 全身を元気にする

 婦宝当帰膠(リンク)を用います。

 さらに基礎代謝を上げ

 全身を温める

 参茸補血丸(リンク)

 参馬補腎丸(リンク)を加えます。

  

更年期に入ると

 細胞に潤いが不足して

 皮膚粘膜が乾燥し

 肌荒れ、しみ、しわ、などが現れます。

 

 皮膚粘膜に潤いを与える

 津液を作り出す

 補陰剤を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参(リンク)

 百潤露(リンク)

 紅沙棘(リンク)

 星火亀鹿仙(リンク)を加えて用います。 

 

高血圧(リンク)には、緊張を解きほぐす

 柴胡加竜骨牡蠣湯

 血流を改善する冠元顆粒(リンク)を用います。

   

うつ病(リンク)、

 不安神経症(リンク)には、

 身体を温め、新しい血液を造り

 基礎代謝をあげ、気持ちを和らげ安眠に導く

 心脾顆粒(リンク)

 気持ちを引き立てストレス(リンク)を発散し

 免疫力を高めるためにシベリア人参茶を加えます。

 

骨粗鬆症(リンク)には、骨、筋肉、スジに栄養を流し、

 新しい骨、筋肉、スジを作るために、

 独歩顆粒(リンク)

 散痛楽々丸(リンク) を用います。

 

冷え(リンク)が強く、新陳代謝が悪く、

 風邪ひき易く、風邪をひくとなかなか治らない、

 免疫力が落ちている人には、

 新陳代謝を活発にし、身体を温め

 免疫力をあげて、元気にして

 更年期の症状を改善するために

 参馬補腎丸(リンク)、

 参茸補血丸(リンク)

 を用います。

 

オリエンタルハーブティの紹介

 田七人参(リンク)

 晶三仙(リンク)

 シベリア人参茶(リンク)

 

更年期と不眠(リンク)

 

   200n.2.1 033 - コピー - コピー.jpg

 

更年期と不眠

 

            更年期と不眠

 

更年期の年齢

 42歳くらいから

 眠りが浅い、寝つきが悪い、夢をよく見る、

 朝早く目覚める、

 睡眠時間が短い、よく見が覚める、

 などの症状が増えてきます。

 貧血、冷え症、気持ちが沈む、

 物忘れ、不安、心配、パニック、動悸、

 などの症状を伴う血虚の不眠症には、

 新しい血液を作り出し

 全身に栄養を流して基礎代謝を高め

 大脳に栄養を流して安眠に導く

 心脾顆粒を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶(リンク)を加えて用います。

 手足がほてり、のぼせ、イライラ、ドライアイ、

 口の渇き、皮膚の乾燥、

 などの症状を伴う

 陰虚の不眠には

 細胞に潤いを与えて、身体のほてりを取り除き

 自律神経の交感神経の興奮を鎮め

 安眠に導く

 天王補心丹(リンク)を用います。

 

 更年期と物忘れ(リンク)

                 

更年期と物忘れ

 

             更年期と物忘れ

 

物忘れは、

 女性ホルモンの分泌低下する

 35歳、

 更年期が始まる42歳ごろから

 物忘れの症状が現れます。

 年齢とともに老化して

 記憶力が低下してゆきます。

 新しい血液を作り出し

 脳に栄養を流して記憶力を上げる

 心脾顆粒を用います。

 漢方で腎とは、

 生命の源、元気の源をいい、

 生命の源のエネルギーを

 腎精といいます。

 腎は、骨を主り、髄を生じ、脳に通ず。

 という言葉があります。

 脳に栄養を流して脳の働きを高める

 補腎薬を用います。

 杞菊地黄丸、天王補心丹、

 参馬補腎丸、参茸補血丸を用います。

 脳の血流を改善して

 記憶力を高めるために

 冠元顆粒を用います。

 

 更年期障害とうつ病(リンク)

 

 

更年期障害とうつ病

 

                更年期障害とうつ病

 

卵巣機能が低下して、

 女性ホルモンの分泌低下が始まる

 35歳ぐらいから

 基礎代謝が低下して

 20歳代ほど体が動かなくなり、

 気持ちも落ち込んでゆきます。

 不安、不眠、動悸、抑うつ(リンク)、めまい、

 頭痛、倦怠感、不安神経症、パニック障害、

 月経前不安気分障害

 などが現れます。

 漢方では、

 心血虚、心陰虚、肝血虚、肝気鬱結、気滞、

 などになります。

 新しい血液を作り出し

 安神作用のある心脾顆粒を用います。

 ストレスを発散して、緊張を緩め、

 記憶力をと高め、免疫力を高め、

 安眠に導くシベリア人参茶(リンク)を用います。

 身体全身の基礎代謝を高め

 身体全体を温め

 気持ちを前向きにする

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク)を用います。

 

2005.5.9 024 h.jpg