かぜ 風邪 感冒 漢方薬

 

   かぜ 風邪 感冒 

 

感冒は、その症状によって

 用いる漢方薬を使い分けます。

 風邪・インフルエンザの予防には、

 抗菌・抗ウイルス作用の

 清熱解毒作用の

 板藍茶(リンク)

 のどの炎症を鎮め粘膜に潤いを与えて

 風邪やインフルエンザから

 咽を守る

 清熱利咽、潤肺化痰、生津止渇作用の

 余甘子を含む

 響聲白龍散(きょうせいはくりゅうさん)を用います。

 余甘子は、

 沢山のポリフェノールを含み

 身体を錆びさせる活性酸素を消去するため

 老化防止の働きがあります。

 免疫力を高め

 肺気能を高めて

 風邪を予防する

 益気補腎作用の

 シベリア霊芝茶(リンク)を用います。

   

風寒のカゼ 

 背中がぞくぞくして、寒気がして、透明な鼻水、

 頭痛、の症状があります。

 身体の表面を温め、発汗し、寒邪を追い出して

 寒気、頭痛、鼻水を改善する

 葛根湯を用います。

 

 風邪をひきやすい、風邪をひくと治りにくい、

 慢性の風邪などの 

 虚症(きょしょう)の人は、疲れを取り、

 免疫力を高める

 衛益顆粒(リンク) を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶を加えます。 

   

風熱のかぜ

 咽が赤くはれ、イガイガして、身体が熱く、

 熱感があり、発熱し、顔が赤くなります。

 のどの炎症を鎮め体表を冷やし、

 熱を発散して体調を整える

 天津感冒片(リンク)、

 を用います。

 

 天津感冒片、は、抗菌、抗ウイルス作用があり、

 呼吸器系の炎症を鎮めます。

 オリエンタルハーブティの

 響聲白龍散 

 板藍茶を加えます。  

 

 風熱のかぜの症状に、

 黄色い痰が出て、咳を伴う時は、

  のど、気管支、肺の熱を取り除く

 麻杏止咳顆粒(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 五行草茶を加えます。 

 

 風熱のかぜの症状に、のどが渇いて

 声がかれ、乾いた咳が出る時には

 のど、気管支、肺に潤いを与える

 潤肺糖漿(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露を加えます。 

 

 風熱のかぜ治った後、

 微熱が続く時、

 のど、気管支、肺に潤いを与え

 粘膜を守る津液を作り出し、微熱を改善する

 補気滋陰剤を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参を加えます。 

 

風湿のかぜ

 身体の細胞にいらない水分がたまり、

 食欲がなく、下痢や吐き気をしたり、頭が重く、

 感染性胃腸炎、むくみ、身体が重だるい、

 などの症状がある

 胃腸型の風邪です。

 胃腸の働きを助け、下痢や吐き気を改善し

 水分の代謝を改善し、

 むくみ、頭重をとりのぞく

 勝湿顆粒を用います。

 

燥熱のかぜ

 鼻、のど、気管支、の粘膜に熱を持ち

 鼻、のど、気管支の粘膜に潤いが無くなり、

 口やのどが渇き、 

 身熱、痰が無く、乾いた咳で咳き込んで顔が赤くなる、

 午後に微熱が出るなどの症状があります。

 鼻、のど、気管支、の炎症を鎮め

 粘膜に潤いを与えて

 乾いた咳を改善する

 潤肺糖漿(リンク)

 麦門冬湯を用います。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露を加えます。 

 

慢性の風邪

 風邪をいた後なかなか治らない。

 一年中風邪をひいている状態。

 風邪が治ったと思って、お風呂に入ると

 次の日に寒気がしたり、頭痛がして風邪をぶり返し

 なかなか風邪が抜けない状態です。

 免疫力を整え

 慢性の風邪を改善するために

 シベリア人参茶(リンク)

 シベリア霊芝茶(リンク)を用います。 

 

 慢性の風邪は、気虚や陽虚の状態です。

 免疫力を高め調節し

 身体を温めて慢性の風邪を改善する

 衛益顆粒(リンク) を用います。

 

中国では、

 昔から家庭の常備薬として、

 板藍根が用いられています。

 菜の花の仲間のホソバセンタイの根をもちいています。

 板藍根を煎じて服用したり、

 板藍根の煎じ液を、うがいに用いてきました。

 板藍根は、古くから風邪の予防に用いられています。

 

関連症状

 空咳・乾いた咳(リンク)

 声枯れ・のどの渇き(リンク)

 せき(リンク)

 扁桃炎(リンク)

 喘息(リンク)  

 

オリエンタルハーブティの紹介

   板藍根(リンク)

   五行草(リンク)

   香西洋参(リンク)

   百潤露(リンク) 

 

 IMG_ee0681.jpg  

 

発熱

 

  発熱

 

発熱の原因によって

 漢方あくを選びます。

 

風寒の発熱

 風邪をひいて、

 頭痛、寒気、肩こり、くしゃみ、鼻水を伴います。

 身体が冷えて温かい飲み物を飲みたくなります。

 身体の表面を温め

 汗の穴を開いて、発汗して解熱する

 頂調顆粒(リンク)

 葛根湯を用います。

 

風熱の発熱

 風邪をひいて

 のどが赤く腫れて痛み、

 黄色い痰が伴う咳、

 発熱し顔が赤くなります。

 身体の表面の熱を取り

 のどの炎症を鎮める

 天津感冒片(リンク)を用います。

 

風湿の発熱

 体が重だるく、浮腫み、

 胃腸の消化吸収が弱り、下痢をします。

 身体にたまったいらない水分の湿をとる

 勝湿顆粒(リンク)を用います。

 

気虚の発熱

 疲れやすく、汗をかくと体が冷え、

 風邪をひきやすく、

 風邪を引くと、なかなか治らなく、

 慢性の風邪になります。

 胃腸が弱く免疫力が低下しています。

 免疫力を高め胃腸の働きを高める

 衛益顆粒(リンク)

 補中丸(リンク)を用います。

 

陰虚の発熱

 身体に潤いがなくなり、

 手足がほてり、口が渇き、

 体の中に熱がこもって発熱します。

 身体に潤いを与える

 八仙丸(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参(リンク)を加えます。

 

 かぜ 風邪 感冒(リンク)

微熱(リンク)

 2008.7.11 h014 - コピー.jpg

微熱

 

  微熱

 

微熱は続いて下がらない症状があります。

 

気虚の発熱

 免疫力が低下して、

 風邪を引きやすい。

 風邪が治りにくく微熱が続く。

 疲れやすく汗をかくと風邪を引きやすい。

 病気にかかりやすい。

 胃腸が弱く下痢をしやすい。

 内臓下垂になりやすい。

 免疫力を高め、消化吸収を助け

 汗腺の働きを整え、微熱を治します。

 衛益顆粒(リンク)

 補中丸(リンク)を用います。

 

陰虚の発熱

 身体の細胞に潤いがなくなり

 口の渇き、ドライアイ、手足のほてり、

 皮膚の乾燥などが現れ

 体の中に熱がこもり、微熱が続きます。

 身体の細胞に潤いを与え熱を鎮める

 八仙丸(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参(リンク)を加えて用います。

発熱(リンク)

風邪(リンク)

午後の微熱(リンク)

IMG_1014aa.jpg