水いぼ

 

   水いぼ 漢方薬

                    

 水イボは、保育園児や小学校生の年齢で発症します。

 湿度が高くなる

 梅雨の時期から 

 水遊びや、プール授業の時期、

 夏に多く現れます。

 正式には、伝染性軟属腫とよばれるウイルスで、

 接触感染により起こる皮膚病です。

 爪で掻いて、広がります。

 プールやお風呂で接触して感染しやすいと言われます。

 

水イボをピンセットなどでつぶすと

 痛みがあり

 水泡の中から

 血液が混じった浸出液が出ます。

 この浸出液には、

 水イボのウイルスが含まれています。

 血液が混じった浸出液が皮膚に付着すると

 付着した部分に水イボのウイルスがついて

 水イボが発生し

 水イボがさらに増えていきます。  

 

漢方では、水イボに対して

 抗菌、抗ウイルス作用のある

 清熱解毒剤を用います。

 清熱解毒、抗菌、抗ウイルス作用と利水作用のある

 清熱利水剤

 を加えて用います。

 

 さらに免疫力を高め、調節するために

 補気補腎消炎利水剤

 を加えて用いると効果的です。

  2005xx.7.7 044.jpg