メニエール病

   

 メニエール病             

 

 メニエール病は、1861年フランスの内科医

  プロスパー・メニエールにより初めて報告されたため

  メニエール病と名付けられました。

内耳のリンパ液が過剰になり、内リンパ水腫となり、

 神経を圧迫してメニエールになります。

回転性のめまい、耳なり、難聴、吐き気、嘔吐が特徴です。

 

耳の奥の、内耳のリンパ液にいらない水分がたまると、

 平衡器官が乱れて、

 めまい・頭痛・頭重・耳鳴り・吐き気を起こします。

 回転性のめまいが多く、吐き気を伴い、

 立っていることができない状態で、

 症状がひどいと、救急車に運ばれ、

 入院し、7日ぐらい、点滴をして、退院することを、

 繰り返します。

 1年に2,3回4,5回と、繰り返し、

 人ごみに出るのが怖くなり、外出が不安になります。

 

季節の変わり目、気候の変化、低気圧の接近、

 風邪をひいたり、疲れたり、梅雨の肌寒いとき、

 雨の多い湿度が高いとき、前日に食べ過ぎたとき、

 ストレスがたまったとき、

 様々な原因があります。

 更年期からの女性に多くみられます。 

 

漢方では、いらない水分が身体にたまり、

 身体のバランスを崩し

 病気を引き起こすものを、

 痰湿(たんしつ)、痰飲(たんいん)と言います。

 身体に害を与える痰飲、痰湿は、

 胃腸の働き、漢方で言う脾(ひ)の働き、

 が弱ると生じやすいため、

 脾が虚して、めまいの原因になる痰が生まれるため、 

 『脾虚生痰(ひきょせいたん)』と言われます。

 

 胃腸の働きを改善して

 病気を引き起こす

 身体にたまった水分を代謝して

 めまい、吐き気を改善する漢方は、

 シベリア霊芝茶(リンク) 

 半夏白朮天麻湯、

 温胆湯(リンク)、

 苓桂朮甘湯を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア霊芝茶を加えます。  

 

血液の循環が原因のめまいには

 血流を改善しめまいを改善するために

 冠元顆粒(リンク) 

 田七人参茶(リンク)を用います。 

 

貧血、生理不順(リンク)、

 冷え性、低血圧などの症状

 漢方で言う血虚(けっきょ)の体質には、

 新しい血液を作り

 身体を温めて 

 メニエールを改善する

 婦宝当帰膠(リンク)を加えて用います。

 冷えが強いタイプには

 基礎代謝を上げて

 改善する

 参茸補血丸(リンク)

 参馬補腎丸(リンク)を用います。

 

胃腸が弱く、

 胃アトニー、胃下垂などの

 脾胃気虚によって痰飲が生まれ

 メニエールの原因になります。

 胃腸の消化吸収を改善するために

 補気健脾作用の

 健胃顆粒(リンク)

 補中丸(リンク)を用います。

 

  めまい(リンク)

 立ちくらみ(リンク) 

  2005dd.11.3 013.jpg