手足のほてり

 

  手足のほてり

 

手のひらや、足の裏のほてり、

 夜、足を外に出して眠る症状があります。

 

漢方の考えから

 人間の体は、

 身体の細胞の新陳代謝を促し

 新しい細胞を作り、身体を温めて

 身体の働きを活発にする

 腎陽(じんよう)という作用

 身体に潤いを与え、

 身体の細胞に潤いを与え、

 身体のほてりを改善する働きの

 腎陰(じんいん)の作用があります。

 

 身体に潤いを与える腎陰の働きが弱ると

 バランスが崩れて、

 腎陽の働きが強く出て、

 身体の中に虚熱がたまります。

 その熱をもった血液が、手、足の裏や、口の粘膜に集まり、

 熱を放散して、体温を調節します。

 

 それによって、手や足の裏が火照り、口が渇き、

 ドライアイ、頬の紅潮、寝汗、

 午後の潮熱、のぼせ、不眠、便秘、口内炎などが現れます。

 

 身体の細胞に潤いを与え、

皮膚粘膜に潤いを与え、

 手足のほてり、口の渇き、ドライアイ、寝汗、

 を改善するために補陰作用(ほいんさよう)のある

 麦味参顆粒(リンク) 

 をもちいます。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えます。 

 

 アンチエイジングの作用があり

 身体全体の細胞を若々しくし 

 さらに免疫力を高める腎に潤いを与える

 滋陰補腎作用(じいんほじんさよう)の

 杞菊地黄丸

 天王補心丹(リンク)

 などを用います。

 

オリエンタルハーブティの紹介

 香西洋参(リンク)

 百潤露(リンク) 

 

  寝汗(リンク)

  ドライアイ 目の渇き(リンク)

  口の渇き(リンク)

  乾燥肌(リンク)

  ドライシンドローム(リンク) 

   2006aa.10.1 068 - コピー.jpg