過換気症候群 過換気症候群1

 

   

 過換気症候群 過呼吸症候群1

         

 過換気症候群 過呼吸症候群は、

 突然息苦しくなり、空気が吸えなくなり、

 過剰呼吸となり、

 動悸、頻脈、めまい、頭痛、手足のしびれ、

 吐き気、腹部膨満感、 

 などが現れます。

 

 原因は、緊張、不安、疲労、ストレスなどと言われています。

        過換気症候群2へつづく 

過換気症候群・過呼吸症候群2

 

 過換気症候群 過呼吸症候群2

 

   2005aa.8.4 035.jpg

 

 

過換気症候群の起きやすい体質は

 優しい人

 真面目な人

 責任感の強い人

 完ぺきを求める人

 目的のために全力を使い果たしてしまう人

 気遣いが多く細やかな人

 気持ちの浮き沈みの激しい人

 ひたむきな人

 に多く発症し

 心の奥底に

 不安・心配・失望・悲しみ・恐れ・緊張・怒りが潜んでいます。

 

胸が締め付けられて息苦しく

 呼吸するのが苦しい、

 おならがよく出る(リンク)、

 肩こり、のどの痞え、不眠、味覚異常、

 お腹が脹りガスがたまる、腹部膨満感、

 吐き気、などの症状を表す時

 自律神経(リンク)の緊張を解きほぐし

 ストレス(リンク)を発散して

 胸の周りの筋肉を緩め

 呼吸を楽にするために

 疏肝理気剤の

 四逆散(リンク)を用います。

 

漢方では、精神的な緊張を解きほぐし、

 ストレスを発散し、心を安らかにし、疲れをとり、

 免疫力を上げるために、  

 補腎安神剤を用います。

 

 貧血や冷え性、低血圧がある場合には、

 新しい血液を作り出し、身体を温め

 女性ホルモンの分泌を促し、

 体調を整えるために 

 婦宝当帰膠(リンク)、 を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参を加えます。 

 

 貧血、冷え性、疲れやすく、不眠がある時には、

 大脳に栄養を流し、安眠に導くために 

 心脾顆粒(リンク)を加えます。

 

 胃腸が弱く、胃下垂、内臓下垂があり、

 疲れやすく、風邪をひきやすい体質には、

 胃腸を助け、免疫力を上げる 

 衛益顆粒(リンク)、

 補中丸(リンク)、を加えます。

 

 ストレス、いらいら、自律神経の緊張が強い場合、

 ストレスを発散し、緊張を解きほぐす 

 逍遥丸(リンク)を加えます。

 

 ストレスがたまり、イライラして、

 動悸 息切れがする時は、

 星火牛黄清心丸(リンク)を用います。

 

 ストレスがたまり、イライラして、

 口が渇き、手足がほてり眠りが浅い時には

 天王補心丹(リンク)を用います。 

 

 冷えが強く、基礎代謝が低い体質には、

 新陳代謝を活発にし

 身体全体の働きを生き生きとし

 ホルモンの分泌を促す、免疫力を上げる 

 参馬補腎丸(リンク)、

 参茸補血丸(リンク)  

 を用います。

五月病(リンク) 

 

 

オリエンタルハーブティーの紹介

   シベリア人参(リンク)

 

   2008_h0101_000000-P1010007 - コピー.jpg