胃がポチャポチャする 胃内停水

 

   胃がポチャポチャする 胃内停水

 

身体を動かすと

  胃がポチャポチャする と話される方があります。

 胃がポチャポチャする 症状を

 漢方では、胃内停水(いないていすい)と言います。

 

胃内停水は、水分の代謝が悪く

 胃の中に代謝されない水分が残って

 胃の中で水の音・振水音を感じます。

 

「脾虚生痰」(ひきょせいたん)という言葉があります。

 胃腸の働きを 漢方では脾(ひ)といいます。

 胃腸の働きが弱ると、水分の代謝が悪くなり

 身体にいらない水分がたまります。 

 脾の働きが弱って 脾胃気虚(ひいききょ)になり

 脾の水分の代謝が弱って胃内停水になります。

 胃内停水が原因となって

 めまい・メニエール・むくみ・頭重・うつ病・パニック・動悸・

 貧血・内臓下垂などを引き起こします。 

 

 弱った脾の働きを助ける

 補気健脾薬(ほきけんぴやく)

 胃腸の働きを助け、消化吸収を助け

 胃の中にたまった水分をさばき

 胃内停水を改善する 

 健胃顆粒(リンク)を用います。

 

  胃内停水の症状に貧血が加わるとき

 婦宝当帰膠(リンク)を加えます。

 胃下垂や内臓下垂を伴うとき

 補中丸(リンク)を加えて用います。 

 

脾虚とともに

 身体の冷えが強く、胃腸が冷たく感じ

 下痢しやすいタイプ

 脾腎陽虚(ひじんようきょ)には

 胃腸を温めて水分の代謝を助ける

 人参湯

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク)を加えて用います。

 

脾虚生痰(ひきょせいたん)になり

 身体にいらない水分がたまり

 内耳のリンパ液が増えると

 めまい、メニエールになります。

 

 胃腸の働きを助け、水分の代謝を回復し、

 めまい、メニエールを改善するために

 半夏白朮天麻湯を用います。

下痢(リンク)

頭痛(リンク)

むくみ(リンク) 

 めまい(リンク)

 メニエール(リンク) 

貧血(リンク)

内臓下垂(リンク) 

    2003aa.6.7 032s.jpg