立ちくらみ 起立性低血圧

 

 立ちくらみ 起立性低血圧

    

立ちくらみは、

 急に立ち上がった時に、

 くらっとして、フラッとして、

 目の前が、白くなって、倒れそうになります。

 気を失いそうになります。

 トイレで立ち上がる時、

 お風呂で立ち上がる時、などに感じます。

 立ちくらみは、女性に多く現れます。

 

 立ち上がった時に、一時的に血圧が下がり

 大脳に血液が流れなくなるために、めまい ふらつきが起こる

 起立性低血圧です。

 めまい、ふらつきの症状とともに、

 月経(リンク)が乱れ、生理痛、生理不順、無月経、 

 動悸、息切れ、疲れやすい、肩こり(リンク)、

 頭痛(リンク)、頭重、低血圧、胃内停水、

 吐き気、食欲不振、手足の冷え、

 顔色が青白い、不眠(リンク)、

 パニック障害(リンク)、過呼吸、不安神経症、

 心臓神経症、うつ病

 午前中身体が動かない、身体がだるい、

 乗り物に酔いやすい、

 気温の変化や季節の変化に身体がついてゆかない。

 などの症状を伴う場合もあります。

 

立ちくらみは、漢方で次のように考えます。

痰飲(たんいん)の立ちくらみ 

 水分の停滞による立ちくらみです。

 細胞にいらない水分が残り、代謝されず、

 内耳のリンパ液が過剰になり 

 神経を圧迫していて、

 立ち上がった時に、血圧が下がり、立ちくらみを感じます。

 

 水分の代謝を改善して、立ちくらみをを改善するため

 利水剤(りすいざい)の

 苓桂朮甘湯、半夏白朮天麻湯、 を用います。

 

 胃腸の働きが弱い脾気虚の体質の方は、

 脾虚生痰(ひきょせいたん)

 脾虚生湿(ひきょせいしつ)といわれ

 身体に要らない水分の痰湿が溜まり

 めまいの原因になります。

 胃腸の働きを改善しながら

 水分の代謝を改善する

 健胃顆粒(リンク)を用います。 

 オリエンタルハーブティの

 シベリア霊芝茶を加えます。 

 

血虚(けっきょ)の立ちくらみ 

 血液不足による立ちくらみです。

 貧血気味で、頭痛、肩こり、めまい、

 疲れやすい、不眠、不安、疲労、

 などの症状を伴い 立ちくらみを感じます。

 

 新しい血液を作り出して

 大脳に酸素と栄養を持つ血液を流して

 立ちくらみを改善する

 補血薬(ほけつやく)の

 婦宝当帰膠(リンク) を用います。

 

腎陽虚(じんようきょ)の立ちくらみ 

 基礎代謝の低下による立ちくらみです。

 新陳代謝が悪く、血圧が低く、

 冷え性で、気持ちが沈みがち、

 午前中動けない、パニック障害、うつ病、頭重、

 などの症状を伴って、立ちくらみを生じます。

 

 新陳代謝を活発にして、

 身体を温めて、

 身体全体の働きを促し、

 水分の代謝を促し

 立ちくらみを改善するために、

 補陽薬(ほようよく)の

 参茸補血丸(リンク) 

 参馬補腎丸(リンク) を用います。

 

オ血(おけつ)の立ちくらみ 

 血の巡りが悪い立ちくらみです。

 血流が悪くて、

 頭痛、肩こり、生理痛(リンク)

 子宮筋腫(リンク)、子宮内膜症(リンク)、

 あざが出来やすい、シミ、肌荒れ、

 などの症状を伴います。

 

 血流を改善して

 大脳に酸素と栄養を流す 

 活血剤(けっけつざい)の

 冠元顆粒(リンク)を用います。

 田七人参茶を加えます。 

 

オリエンタルハーブティーの紹介

 シベリア霊芝(チャガ)(リンク)

 田七人参(リンク)

 

       2005dd.8.4 030.jpg