打撲 ねんざ 骨折 漢方薬

 

 打撲 ねんざ 骨折

   

スポーツや交通事故、転倒などで

 打撲、ねんざ、脱臼、骨折をおこすと、

 筋肉、すじ、神経、じん帯、が損傷し

 血管が切れ、内出血し、

 組織に血液がたまり、

 患部が腫れて、激痛を感じます。

 

 時間がたつにつれて、

 血管が破れて、血管の外に出た血液が固まり、

 血管の中に血液が固まり、

 血栓ができて、

 新しい栄養をもった血液が、

 筋肉、すじ、神経、骨に届かなくなり、

 新しい筋肉、すじ、神経、骨を作ることができなくなり、

 筋肉、すじ、神経、に痛み、しびれを感じます。

 

 漢方では、

 血管の外に出た、内出血した血液を

 血管の中に戻し、

 壊れた血管を修復し

 骨、筋肉、スジ、神経に

 新しい栄養を持った血液を流すために

 田七人参茶(リンク)を用います。

 

血管の中に血液が固まり

 血流が悪くなっている時

 血管を広げ、血液の固まりを溶かし

 血流を改善し

 骨・筋肉・スジに

 新しい血液を流すために

 冠元顆粒(リンク)を用います。

 

 新しい栄養をもった血液を基にして

 骨・筋肉・スジを再生し

 痛み、しびれを改善するために

 独歩顆粒(リンク) 

 散痛楽々丸(リンク)を用います。

 

 損傷した筋肉・スジを

 丈夫にするために

 補中丸(リンク)を用います。

 

 新陳代謝を活発にして

 新しい骨・筋肉・スジを作り出すために 

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク) 

 を用います。

 

    

  2009aa_0924_072458-P9240050.jpg