舌がピリピリ ヒリヒリする

 

    舌がピリピリ ヒリヒリする

 

『舌がピリピリ ヒリヒリする』症状があります。

 口の中の粘膜、舌、歯肉、口唇に炎症を起こしたり

 口の中に熱がこもったりすると

 口の中の粘膜に潤いが無くなり

 粘膜を守る粘液が無くなり

 唾液も少なくなり、

 舌に潤いが無くなり

 『舌がピリピリ ヒリヒリする』症状が現れます。

 

漢方では、

 細胞、皮膚粘膜に潤いが無くなり、

 皮膚粘膜を守る粘液や唾液が少なくなることを

 陰虚(いんきょ)と言います。

  舌の細胞、皮膚粘膜に潤いを与え

 舌の粘膜を守る粘液を作り出し

 『舌のピリピリ ヒリヒリする』を改善する

 漢方で言う津液(しんえき)を作り出す

 補陰剤を用います。

 

 陰虚がさらに進み

 手足のほてり、寝汗、不眠、乾燥肌、ドライアイなどの

 症状を伴う腎陰虚には

 身体全身の細胞に潤いを充て得て

 虚熱を取り除きます。

 

舌が赤くただれて

 炎症をしている時は

 炎症を鎮めるために

 清熱解毒剤を用います。

 

舌炎で損傷した細胞を

 再生するために 

 抗炎生肌剤を加えます。


漢方薬の紹介

 麦味参顆粒(リンク)

 

オリエンタルハーブティの紹介

   香西洋参(リンク)

   百潤露(リンク)

 

 口内炎(リンク)

 舌炎(リンク)

 ドライマウス(リンク)

 ドライシンドローム(リンク)

   200aa.06.27 048s.jpg