月経前不快気分障害(PMDD)

 

  月経前不快気分障害(PMDD)                                    

 

 Premenstrual dysphoric disorder

 月経の前になると、

 精神症状、気持ちが沈む、うつ症状、焦燥感、

 脅迫感、自己喪失感、絶望感、集中力低下、倦怠感、

 不安、不眠、過眠、パニック、落涙、

 幸せを感じない、過食、食不振 、

 自分の気持ちをコントロールできない、

 などの症状があらわれ、

 月経(リンク)が来ると正常に戻るのが特徴です。

 PMDDが長く続くと、

 本当のうつ病やパニック障害に移行すると言われます。

月経前不快気分2(リンク) 

月経前不快気分障害(PMDD)漢方薬

 

  月経前不快気分障害(PMDD)  

 

漢方では、

 『女子は、を主とし、・・・・・・・、

 女子は、を先天とする。』

 という言葉があります。

 女性は、月経(リンク)、 出産、授乳などで、

 エネルギーを消耗し、血虚という状態になります。

 また、漢方でいう、肝とは、

 自律神経(リンク)の働きを表します。

 生理で体質がわかります。(リンク)

 女性は、月経があるために

 常に血液が不足する

 血虚(けっきょ)になっています。

 さらに自律神経の働きが乱れる

 肝血虚(かんけっきょ)の状態になり、

  ゆううつ、不安、不眠、動悸、肩こり、

 めまい、腹部膨満感、吐き気、

 おならがよく出る(リンク)、 

 絶望感、集中力低下、倦怠感、などの症状や

 ニキビ(リンク)、 

 不安神経症(リンク)

 パニック障害、

 心臓神経症、過呼吸症候群、

 心臓神経症、うつ病(リンク) 

 が現れます。

 

PMDDになりやすい体質は

 真面目で責任感の強い人

 完ぺきを求める人

 ひたむきな人

 気遣いの細やかな人

 ストレス(リンク)がたまりやすい人

 目的のために全力を使い果たしてしまう人

 他人にやさしい人

 食事にむらがある人

 気持ちの浮き沈みの激しい人

 などがPMDDになりやすく

 心の奥底に、

 不安・心配・失望・悲しみ・緊張・怒り

 が潜んでいます。 

 

新しい血液を造り、基礎代謝をあげ

 身体全身に栄養を流し

 不安、不眠、冷え、頭痛、

 肩こり、動悸、めまいなどの症状を和らげる

 気血を補います。

 

 漢方のエネルギーの元

 気血を補います。

 

ストレスを発散し、気持ちを引き立て、

 記憶力を増し、

免疫を高め、安眠に導きます。

心脾両虚を補います。


冷え(リンク)が強く、低体温、基礎代謝が低い人には

細胞の新陳代謝を高め、免疫力を高め

 身体を温め、ホルモンの働きを促し、

 ホルモンの働きを調節し、

 元気にする補腎薬を用います。


完璧を求めすぎない。

 欲張りすぎない。

 頑張りすぎない。

 慌てない、焦らない。

 過労を避ける。

 夜更かしをしない。

 自然を楽しむ。

 穏やかに。

 掛け替えのない一日を大切に。

 

漢方薬の紹介

 婦宝当帰膠(リンク)

 心脾顆粒(リンク)

 逍遥顆粒(リンク)

 

オリエンタルハーブティーの紹介

  シベリア人参(リンク)

 

 IMG_1173aa.jpg