癒着

 

   癒着

 

開腹手術の後、

 損傷した組織が自然に治癒する過程で、

 粘膜、漿膜が癒着します。

 開腹手術では、多くの場合に癒着が認められます。

 

 内臓手術、開腹手術をしたあとに発生し、

 腸管の癒着では、腸が伸びて、食べ物が動かなくなり、

 ガスが発生し、お腹が張り、腹痛、便秘、腸閉塞、が起こります。

 

漢方では、弱った腸の働きを助け、動きを良くし、吸収をよくし

 ガスの発生を改善し、腸の痙攣を和らげる、

 健胃顆粒を用います。

 

 お腹が冷えると、腹痛をするタイプには、

 腸を温め、腸の痙攣、痛みを和らげ、動きを助ける

 小健中湯を用います。

 

 手術部位の新しい細胞を作りだす、皮膚粘膜再生のために

 抗炎生肌剤を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 紅沙棘を加えます。 

 手術部位に新しい血液を届け出血を止める

 活血止血剤

 加えます。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

 

 手術部位の皮膚粘膜がただれているタイプには、

 炎症を取り除き、粘膜を保護する津液を作り出す

 麦味参顆粒(リンク)を加えます。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参を加えます。 

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   紅沙棘(リンク)

   田七人参(リンク)

   香西洋参(リンク)

    IMG_h3370.jpg