生理不順

   

   生理不順

    

漢方では、

 女性の身体は、7の倍数で変化すると考えます。

 17歳で初潮があり

 21歳で生理の周期は整います。

 28歳で最も女性ホルモンが活発になり

 新陳代謝が上がり、心身ともに充実し

 肌も美しく、髪につやがあり

 充実します。

 35歳で女性ホルモンの分泌が減少し

 42歳で更年期に入ります。

  

 生理(リンク)の周期は、1クール28日間が標準ですが、

 生活の乱れで2〜3日前後します。

 周期(リンク)が大きく狂ってしまう方は、治療が必要です。

 生理不順は、

 冷え性(リンク)

 月経過多(リンク)

 頭痛(リンク)、

 肩こり(リンク)、

 月経前症候群(リンク)

 めまい(リンク)、

 子宮内膜症(リンク)、

 子宮筋腫(リンク)、

 卵巣癰腫(リンク)、

 不妊症(リンク)、

 パニック障害(リンク)、

 うつ病(リンク)、

 更年期(リンク)、

 自律神経失調(リンク)

 ニキビ(リンク)、

 などの原因になります。

 

月経先期(げっけいせんき)  

 周期が10日以上早まり、生理の量が多いタイプの方です。

 漢方の気虚の状態で

 血管から血液が漏れ出る状態です。

 補気薬を用います。

  補中丸(リンク)

  心脾顆粒(リンク)を用います。

おすすめ食材

 豆腐、豆乳、牛肉、うなぎ、栗、

 鶏肉、えび、アスパラガス、生姜、

 玉ねぎ、にら、シナモン、クルミ 

 

月経後期(げっけいこうき)  

 周期が10日以上遅れ、生理の量が少ないタイプです。

 新しい血液を作り出すことができない

 血虚の状態です。 

  補血薬を用います。

  婦宝当帰膠(リンク)を用います。

おすすめ食材

 枸杞、黒ゴマ、黒豆、イチゴ、ニンジン、

 なつめ、プルーン、あずき、ブルーベリー、

 レーズン、牡蠣、ほうれん草、豚肉 

 IMG_h2960.jpg

 

月経不定(げっけいふてい)  

 周期が10日以上遅くなったり、10日以上早くなったり、

  周期が定まらないタイプです。

  ストレス、緊張を受けやすく、身体が固まって

  筋肉が収縮し、血管が収縮し、血流が悪くなり

  ホルモンの流れが悪くなり月経が乱れる

  肝気鬱結(かんきうっけつ)タイプです。

 ストレスを発散する理気薬を用います。  

  逍遥丸(リンク)を用います。

  オリエンタルハーブティの

  シベリア人参茶を加えます。

おすすめ食材

 オレンジ、レモン、セロリ、春菊、

 パセリ、ジャスミン、カモミール、ローズヒップ、

 セリ、三つ葉、菊茶、ラベンダー

 

稀発月経(きはつげっけい)

 1年に数回しか月経が来ないタイプです。

 ホルモンの生産と分泌の悪い、

 腎虚(じんきょ)と血虚(けっきょ)が混じった体質です。

 補血薬と補腎薬を用います。 

 

 婦宝当帰膠

 補腎薬(ほじんやく)の

 参茸補血丸(リンク) 

 参馬補腎丸(リンク) を加えて用います。  

 

オリエンタルハーブティーの紹介

  シベリア人参茶(リンク) 

  

 IMG_0905cc.jpg