手足のしびれ

 

  手足のしびれ   

 

手足のしびれは、漢方で

 四肢麻木(ししまぼく)とよばれます。

 

 オ血による手足のしびれ:

 血管に血液、脂肪、がつまり

 血管が収縮し、血流が悪くなり

 手足の神経に新しい血液が届かなくなり、

 手足がしびれます。

 

 オ血の自覚症状は、

 舌の色が暗紅、紫色

 めのまわりにくまがある

 顔色が黒っぽい

 唇が紫色

 あざができやすい

 ポリープができる

 頭痛、肩こりがしやすい

 静脈瘤がある

 しみがある、

 生理痛、生理不順がある、

 月経に固まりがる

 などの症状があります。

 

 血管を広げ、血栓を溶かし、

 血流を改善するために

 冠元顆粒(リンク) を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

 

 血虚(けっきょ)による手足のしびれ:

 貧血気味で、低血圧などにより

 新しい血液が手足に届かずに

 手足にしびれを感じます。

 

 新しい血液を作り

 手足に栄養を流して

 手足のしびれを改善する

 婦宝当帰膠(リンク)

 補中丸を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

 

 腎陽虚(じんようきょ)による手足のしびれ

 基礎代謝が低く

 新陳代謝が悪く

 手足が冷えがあり

 手足がしびれます。

 

 新陳代謝を活発にして

 身体を温め

 手足のしびれを改善する補腎薬の

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸を用います。

 

 肝風内動の手足のしびれ:

 自律神経の緊張が強く、

 気持ちが高ぶり、いらいらし、めまい、ふらつき、があり

 手足のしびれを感じます。

 

 自律神経の緊張を鎮め、

 緊張を解きほぐし

 手足のしびれを改善する

 星火牛黄清心丸(リンク)

 杞菊地黄丸を用います。

 

腎虚・気血両虚のしびれ

 老化によって

 骨・筋肉・スジに栄養が届くなくなり

 骨・筋肉・スジがやせ細って

 手足がしびれます。

 新しい骨・筋肉・スジを作り出し

 シビレを改善するために

 独歩顆粒

 散痛楽々丸を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

 

オリエンタルハーブティの紹介

   田七人参茶(リンク)

 

   IMG_s2565.jpg