夏ばて 

 

   夏ばて

 

暑い時期に、

 冷たい食べ物や 冷たい飲み物を摂り

 胃腸である脾が冷えます。

 脾が冷えて

 胃腸の働きが低下する

 脾虚になります。

 脾は、体のエネルギーである 気 を作ります。

 脾虚によって、 の働きが低下して

 食欲がない、

 疲れやすい、だるい、風邪をひきやすい

 などの症状が現れます。

 また、沢山の汗をかくことによって

 体の細胞に必要な水分

 体に潤いを与える水分

 漢方の液が不足します。

 夏バテは、

 気 と 陰 が不足する

 気陰両虚の状態です。

 

夏の暑さ、沢山の汗、

 日差しの強さ、つかれ、たるさ

 は、身体の細胞の潤いである津液を

 消耗し陰虚(いんきょ)になります。

 沢山の汗を消耗して疲れて

 気虚(ききょ)になります。

 漢方で言う気陰両虚(きいんりょうきょ)の状態です。

 

 沢山の汗をかいて、気陰両虚になると

 心機能や肺機能がよわり動悸、息切れ、

 疲労倦怠、を起こします。

 血液がドロドロになり、血栓を形成し、

 脳梗塞・狭心症・心筋梗塞・エコノミークラス症候群など

 を引き起こしやすくなります。

 汗の成分である津液(しんえき)が無くなると

 身体の中に熱がこもり熱中症になります。

 

汗は心の涙

 漢方の五行説(リンク)によると

 汗は心の液(リンク) となります。

 心と汗には、深い関係があり、

 発汗により、汗の基になる津液が消耗すると

 心機能が弱り、

 動悸、息切れ、めまい、狭心症、心筋梗塞

 などを起こします。

 そのため 汗は心の涙 と呼ばれます。 

 狭心症、心筋梗塞を予防し  

 身体の細胞に潤いを与え

 疲れを取り

 心肺機能を元気にするために

疲労、倦怠、動悸、息切れ、食欲不振、

を改善するために 

 麦味参顆粒(リンク) を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参を加えます。

 スポーツドリンクに

 麦味参顆粒や香西洋参1包 と五涼華1包 を溶かして

 夏バテの予防にお勧めです。

 

身体の中にたまった熱毒を取り除く

 デトックスのための

 金銀花、蒲公英、野菊花

 沢山の汗で奪われた

 身体に潤いを与える津液を補う

 西洋人参、麦門冬、北沙参、香菊花

 などが用いられます。

 五涼華、香菊花、香西洋参、麦味参顆粒

 などが用いられます。 

 

 動悸を伴う時には、

 つかれた心臓の働きを助け、

 強心作用のある

 星火牛黄清心丸(リンク)を加えます。

 

  IMG_h3551.jpg 

 

 血流を改善し血栓形成を予防し

 脳梗塞 狭心症 心筋梗塞 

 エコノミークラス症候群などを予防するために

 冠元顆粒(リンク) を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参を加えます。 

 

 手足のほてり、口の渇き、寝汗がひどく

 疲れる時は、腎陰虚の症状です。

 身体の細胞に潤いを与え、免疫力を高め

 身体のほてりを取り

 足腰を丈夫にする

 杞菊地黄丸を用います。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露を加えます。 

 

 手足のほてり、口の渇きに

 眠りが浅く、不眠で疲れが取れない時には

 天王補心丹(リンク)を用います。

 手足がほてり、口が乾き、

 身体がだるく、疲労が溜まり、

 心身ともに疲れが溜まり

 身体のエネルギー消耗がひどいとき

 星火亀鹿仙で腎精を補います。 

 

長時間のエアコンにより

 身体が冷え

 血管が収縮し、血流が悪くなり

 頭痛、肩こり、腰痛など

 体調を崩します。

 新しい血液を作り

 身体を温め、栄養を隅々に流し

 身体の疲れを取り、体調を整える

 婦宝当帰膠(リンク) を用います。

 

頭痛や肩こりがして

身体が冷えて くしゃみなど

夏風邪には

衛益顆粒を用います。

 

 疲れ、だるさ、足腰の重だるさ、冷えが強いとき、

 身体全体の新陳代謝を促し

 足腰をしっかりして、疲れを取って、元気にし、 

 身体を温める

 漢方の補腎薬

 参茸補血丸(リンク) 

 参馬補腎丸(リンク)

 を加えます。

 

 冷たいものの取りすぎ

 冷たい飲み物、冷たい果物

 寝冷えなどにより

 胃腸が冷えて、働きが弱り

 脾気虚の状態になり

 食欲不振、軟便、下痢などになります。

 健胃顆粒を用います。  

 

 胃腸の働きを助け

 胃腸の働きを元気にし

 食欲不振、軟便、下痢を改善する

 健胃顆粒を用います。

 オリエンタルハーブティの

 晶三仙を加えます。

 慢性の下痢が続き

 疲労減退、夏バテが強いとき

 補中丸を用います。

 

夏の飲食のポイントは、

 身体にたまった熱を下げて

 暑気を払うとともに

 身体にたまった毒素を排泄する

 デトックスをする食べ物です。

 

食養生

 ニガウリは、体の熱を鎮め、胃液の分泌を促し、食欲を増進して

  口の渇きを改善します。

  ニガウリの苦みは、五臓の心に入り、

  夏の暑さに弱った、心機能を元気にします。

 スイカは、口の渇きを潤して、ショ糖・果糖・カロチン・ビタミンc

  などが含まれ疲労を回復して、利尿作用もあります。

 キュウリは、体の熱を取り、腸内の老廃物を排泄します。

 冬瓜は、熱を下げ、利尿作用でむくみを取り、

  新陳代謝を高めます。 

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   五涼華(リンク) 

   香西洋参(リンク)

   百潤露(リンク)

   田七人参(リンク) 

   

 夏かぜ(リンク) 

 クーラー病(リンク)

 熱中症(リンク)

 熱中症の予防(リンク) 

 日焼け・日光性皮膚炎(リンク)

 夏の漢方薬(リンク)

 食欲不振(リンク) 

 夏ばて 予防(リンク)

 疲労倦怠(リンク) 

   2005wx.8.4 030.jpg     

夏ばての予防

 

  夏ばて 予防

 

   2009cc_0811_230845-P8110018 - コピー.jpg

 

夏の高温、多湿、によって

 沢山の汗をかき、

 だるさ、疲労、頭痛、めまい、

 口の渇き、食欲不振、下痢、

 筋肉痛、筋肉の引きつり、

 動悸、息切れ、微熱 などの症状が現れます。

 

沢山の汗をかくことによって

 身体に潤いを与える津液が不足します。

 沢山の発汗は、身体に必のうな潤いを失うとともに

 発汗によって、エネルギーの気も消耗します。

 

 潤いの津液とエネルギーの気を消耗して、

 気陰両虚(きいんりょうきょ)になります。

 消耗した気と陰を補い

 心肺機能を元気にする

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 夏ばての予防には、麦味参顆粒によって

 身体に必要な潤いと、エネルギーを作り出します。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えます。 

 

スポーツドリンク 1リットル

 麦味参顆粒1包〜2包を溶かして、

 服用するのが効果的です。

 スポーツ、野球、サッカー、テニス、ゴルフ、や

 蒸し暑い環境の中で

 夏ばての予防に有効です。

 

発汗、疲労によって

 心機能が弱り、動悸、息切れなどが現れます。

 血液に潤いを与え、

 血管を広げ

 血流を改善して、

 心機能を元気にするために

 麦味参顆粒に

 冠元顆粒(リンク)を加えて予防します。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参を加えます。 

 

疲労、倦怠、が強く

 食欲がなく、身体が重だるい時

 気血両虚の時

 麦味参顆粒に

 気血を補い元気にする

 補中丸(リンク)を加えて予防します。

 

 夏ばて(リンク)

 熱中症(リンク)

 夏の漢方薬(リンク) 

 2008.7.11 h014.jpg 

 

食あたり 水あたり

 

  食あたり 水あたり

 

  IMG_h3625.jpg

 

梅雨のジメジメして湿気の多く、蒸し暑い時、

 夏の蒸し暑い季節に

 冷たい食べ物、生もの、刺身、

 ジュース、ビールなどの取り過ぎ、

 旅行先で、慣れないものを食べたり、

 慣れない水を飲んで、

 胃腸の働きが弱り、

 水分の代謝が悪くなり、

 身体のむくみ、重だるさ、

 食欲不振、下痢などを起こします。

 湿濁(しつだく)が身体の中に停滞しています。

 

 

弱った胃腸の働きを助け

 水分の代謝を改善し

 身体の中に溜まった湿濁を除いて

 水あたり、食あたりをかいぜんする

 勝湿顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 五行草(リンク)を加えます。

 

冷たい飲み物、

 冷たい果物

 冷房、寝冷え、

 クーラーによる冷え

 などの原因によって

 弱った胃腸を元気にし

 消化吸収をたすけ

 下痢・軟便・食欲不振をかいぜんする

 補気健脾作用の

 健胃顆粒を用います。

 オリエンタルハーブティの

 晶三仙を加えます。

 慢性の胃腸虚弱・疲労倦怠には

 補中丸を用います。 

 

 

 夏の漢方薬(リンク)

 夏風邪(リンク)

 夏ばて(リンク)

    2009wx_0607_153039-P6070025.jpg

暑気あたり

 

   暑気あたり

 

   IMG_h3551.jpg

漢方で六淫(りくいん)という言葉があります。

 六淫(リンク)とは、

 外から身体の中に侵入して病気を起こす原因です。

 六淫の中に、暑邪(しょじゃ)があります。

 暑邪とは、

 夏の高温・多湿の邪を言います。

 暑邪が暑気となって身体に病気を起こします。

 頭痛、食欲不振、下痢、嘔吐、集中力低下、不眠、体重減少、

 疲労倦怠、口の渇き、動悸、めまい などが現れます。

 

暑気によって、発汗過多になり、

 身体の中の潤いが不足して、

 エネルギーが消耗し

 気と陰が不足する

 気陰両虚(きいんりょうきょ)になり

 疲れ、だるさ、のどの渇き、動悸、めまい などが現れます。

 気と陰を補う

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えて用います。

 

暑気によって、胃腸の働きが弱って、

 食欲不振、軟便、夏痩せになります。

 消化吸収を助け

 栄養を内蔵に引き上げる

 補中益気丸(リンク)を用います。

 

暑気によって、

 冷たいものを取り過ぎ、

 アイスクリーム、かき氷、ビール、ジュース、

 生もの・刺身などを取り

 お腹を冷やして

 下痢・腹痛を起こします。

 水あたり・食あたりに用いる

 勝湿顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 五行草茶を加えます。

 

暑気によって、

 身体の中に虚熱がこもって

 大脳が興奮して不眠になります。

 身体に潤いを与えて虚熱を除き

 安眠に導く

 天王補心丹(リンク)を用います。

 

 

オリエンタルハーブティの紹介

 香西洋参(リンク)

 百潤露(リンク)

 五行草茶(リンク)

 

 

 夏の漢方薬(リンク) 

 夏ばて(リンク)

 夏ばて予防(リンク)

 食あたり 水あたり(リンク)

    2008aa.6.29 069.jpg