フケ かゆみ 頭皮

 

  フケ かゆみ 頭皮

 

フケ かゆみ は、

 頭皮の状態によって違いがあります。

 油性の頭皮と乾燥性の頭皮があります。

 

頭皮の皮脂分が過剰に分泌し、

 湿ったフケが出て、頭皮がベタベタして

 頭皮が赤く炎症し、赤い湿疹があり、痒みがあります。

 悪化すると、脂漏性湿疹になります。

 漢方では、身体に熱と湿がたまり、

 炎症をして痒みを起こす湿熱(しつねつ)タイプです。

 

 炎症を鎮め、身体にいらない水分を代謝して

 身体の解毒作用を促し、

 頭皮のかゆみ、フケ、炎症を改善する

 清熱利湿作用(せいねつりしつさよう)の

 瀉火利湿顆粒(リンク)を用います。

 清熱化痰作用(せいねつかたんさよう)の

 温胆湯(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 五行草、五涼華を加えます。 

 

 食事は、脂っぽいフケ、かゆみ、湿疹を起こしやすい、

 肥甘厚味 (ひかんこうみ)の食べ物

 脂っこい食べ物、甘いもの、香辛料の食べ物、味の濃い食べ物、

 お酒 タバコ を控え、

 緑や黄色い野菜を取り、

 規則正しい生活習慣が自然治癒力を高めます。

 

乾燥性のパサパサしたフケ は、

 頭皮に充分な栄養が届かず

 頭皮に潤いがなく、新しい細胞を作れない血虚(けっきょ)タイプです。

 

 新しい血液を作り出し、頭皮細胞に栄養を流し

 新しい頭皮を作り出す

 補血薬(ほけつやく)である

 婦宝当帰膠(リンク)

 新しい頭皮細胞を作り出し、皮膚粘膜に潤いを与える

 抗炎生肌剤を加えて用います。

 

頭皮の細胞に潤いがない陰虚(いんきょ)タイプには

 頭皮の細胞に潤いを与え

 髪に潤いを与えて艶やかにし

 乾いた 乾燥した フケやかゆみを改善する 

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 紅沙棘(リンク) 

 香西洋参、百潤露、を加えます。 

 

 乾燥したフケに、かゆみ、赤い湿疹を伴う

 血虚血熱(けっきょけつねつ)タイプは、

 炎症、かゆみを鎮める

 清熱解毒剤

 温清飲を加えて用います。

 

頭皮の炎症を鎮め、かゆみを改善し

 新しい頭皮を作り出すために

 瑞花露クリーム(リンク) 

 瑞花露ローション(リンク)

 使用をお勧めいたします。

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   板藍根(リンク)

   五行草(リンク)

   五涼華(リンク)

   紅沙棘(リンク)

   百潤露(リンク) 

 

 産後の抜け毛(リンク)

 白髪 抜け毛 脱毛(リンク)

 脂漏性皮膚炎(リンク) 

    IMG_h3625.jpg