受験勉強の漢方

 

 受験勉強の漢方 

 

 体調を整え、

 心を整え、

 良い状態で受験勉強をし

 受験に臨むために、

 合格するために漢方を用います。

 受験勉強に用いる漢方薬は、

 身体全身に栄養を流し

 身体の疲れを取り

 基礎代謝を上げて

 体調を整える 

 補気薬補腎剤などがあります。


ストレス・緊張

 ストレス(リンク)や緊張によって、

 自律神経(リンク)の緊張が高まり、

 イライラ、不安、不眠、手汗、脇の汗、頭痛、

 腹痛、下痢、肩こり、食不振 、お腹にガスがたまる、

 疲労、倦怠、

 など様々な症状が現れます。

 

 ストレスを発散し、

 緊張を解きほぐし、

 疲れをとり

 免疫力を高めるために

 補腎薬安神剤

 疏肝理気剤などがあります。

 

受験にカゼは大敵です。

 肺機能を助け、免疫を高め

 カゼにかからない身体を作るために

 補気作用の漢方薬を用います。

 

カゼ、インフルエンザの予防には

 鼻、のど、気管支、肺の粘膜に潤いを与え

 粘膜を守る粘液を作り出す

 生津滋陰剤

 漢方薬を用います。

 

喘息になりやすい体質の方には、

 免疫力を高め、調節し、肺機能を高め

 発作が起きないように

 補気薬補腎剤を用います。

 

目の疲れには、 

 目に栄養を流し、目の疲れや充血を取り、

 目に潤いを与えて

 目の疲れ、目の充血、ドライアイ、

 目の乾燥などを改善するために

 杞菊地黄丸(リンク)を用います。

 

 枸杞ジュースなどもおすすめです。 

 

 ストレス、緊張により

 おなかを壊し、下痢、軟便になる方には、

 健胃顆粒(リンク)を用います。

 

勉強に集中し、自律神経が興奮し、

 頭が熱く感じる時、

 大脳の興奮をクールダウンし、

 疲れをとり

 心を鎮めるために

 補陰剤を用います。

 

一人ひとり体質が異なります

 体質をよくお聞きして

 体質に合った漢方薬を選択することが

 大切です。 

 

オリエンタルハーブティの紹介

 シベリア人参(リンク)

 板藍根(リンク)

 シベリア霊芝(リンク)

 香西洋参(リンク)

  

  IMG_0463aa.jpg