しみ そばかす 漢方薬

 

   しみ そばかす

 

 ●シミは、顔面、とくに前額、頬、鼻背、

 目のまわり、口のまわりなどにみられます。

 比較的境界がはっきりしていて鮮明な

 淡褐色ないし暗褐色の色素斑で、大きさもいろいろです。

 

 成年女性に多く、男性にも見られます。

 紫外線やストレスに影響を受けると言われます。

 シミは、皮膚基底層を中心にメラニンが増え

 代謝が低下すると、色素が表皮に溜ってシミになります。

 シミは、肝斑とも言います。

 五臓の中の肝の働きに関係しています。

 漢方で、肝とは自律神経を含みます。

 自律神経(リンク)の緊張によって

 血流が悪くなり、シミ・そばかすが生じます。

 女性は、35歳から卵胞ホルモンの分泌が低下して

 プレ更年期(リンク)に入り

 月経(リンク)が乱れたり

 細胞に潤いがなくなり

 シミ、しわ、肌荒れに向かいます。 

 

漢方では、

 血流を改善し、新しい栄養をもった血液を

 皮膚に送り、新しい皮膚粘膜を作り出し、

 皮膚の代謝を活発にし、シミを改善するために

 冠元顆粒(リンク)

 を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参を加えます。 

 

 新しい血液を作り出し

 皮膚に栄養をもった血液を送る当帰、

 新しい皮膚粘膜を作り出すための

 コラーゲンを含む阿膠の処方されている 

 婦宝当帰膠(リンク)を用います。

 

 皮膚粘膜の細胞に潤いを与え

 皮膚の炎症を鎮め

 新しい皮膚粘膜を作り出し、

 皮膚粘膜を守り

 シミを改善するために

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 香西洋参

 百潤露を加えます。

 更年期からのシミ・そばかすには、

 補腎薬の

 杞菊地黄丸

 天王補心丹(リンク)によって細胞に潤いを与えます。

 オリエンタルハーブティの

 星火亀鹿仙を加えます。 

 

 皮膚粘膜に潤いを与え

 皮膚粘膜を再生する 

 抗炎生肌剤、生肌潤膚剤を用います。

 オリエンタルハーブティの

 紅沙棘を加えます。 

 

 1000gの沙棘の赤い実を絞って、2gとれる

 貴重な植物オイルでビタミンA、Eが豊富に含まれ

 このオイルをもとに作られた

 サージクリーム(セ・サージ)があります

 

ストレスがたまりやすく、イライラがあったり、肩こり、

 緊張しやすかったり、月経前期症候群などの症状には、

 ストレスを発散し、緊張をときほぐし、

 ホルモンのバランスを整え、シミを改善するために

 逍遥丸(リンク)をもちいます。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参を加えます。 

 

 紫根が含まれる

 瑞花露クリーム(リンク)

 瑞花露ローション(リンク)

 シコリーブクリーム(リンク)

 も用いられます。

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   紅沙棘(リンク)

   田七人参(リンク)

   香西洋参(リンク) 

 

  2009wz_0608_100356-P6080031 - コピー.jpg