不正出血 漢方薬

 

  不正出血 漢方薬

   

不正出血とは、月経時以外の出血を言い、

 出血の量も、出血の時も様々です。

 

 不正出血は、

 器質的な出血と機能的な出血に分けられます。

 

器質的な不正出血

 子宮筋腫(リンク)、

 子宮内膜症(リンク)、

 卵巣嚢腫(リンク)、

 子宮がん

 子宮粘膜びらん、流産、子宮外妊娠、

 などがあげられます。

 

機能性の不正出血

 子宮内膜が増殖して厚くなり不正出血、

 卵胞発育不全の排卵時の不正出血、

 基礎体温BBTが一相性の無排卵性出血、

 月経が長引く剥離不全の出血、

 黄体機能不全の高温期の出血、

 などがあります。

 

漢方で不正出血は、

 崩漏(ほうろう)と言います。

 生理で体質がわかります。(リンク) 

 不正出血は、その症状により、体質により、

 用いる漢方薬も異なります。

 漢方薬で、体調を整えることにより不正出血も改善します。

 

気虚による不正出血

 元気不足・パワー不足による不正出血です。

 色が淡く薄い、だらだら続く、

 水っぽく 薄いピンク色で 多量の不正出血です。

 気虚による不正出血があるタイプの場合、

 生理(リンク)があっても排卵していない

 場合があります。 

 疲れやすい、顔がむくみやすい、元気がない、

 食が細い、便がゆるくなりやすい、下痢しやすい、

 疲れやすく、持続力がなく、集中力がない、 

 下腹部の下墜感、食欲がない、多夢、眠りが浅い、

 胃アトニー、胃下垂、内臓下垂、

 などの症状があります。

 

 漢方で、

 脾不統血(リンク)という言葉があります。 

 消化器系 胃腸の働きが

 が慢性に弱ると、

 血管から血液を漏らさない働きの

 統血作用(とうけつさよう)が弱って、

 血管から血液が

 もれ出てしまう症状です。

 胃腸の働きを助け、新しい血液を作り、

 身体の疲れを取り

 血管から血液が漏れ出ないようにし、

 不正出血を改善するために

 心脾顆粒(リンク)

 補中丸(リンク)

 婦宝当帰膠(リンク)を加えて用います。

 婦宝当帰膠には、新しい血液を作り

 栄養を持った血液を粘膜に送る当帰と

 コラーゲンが多く 出血を止める阿膠が

 含まれています。 

 

オ血による不正出血 

 血流が悪い不正出血です。

 生理の色が暗紫で、レバー状の塊がある。

 生理痛(リンク)、下腹部の疼痛、圧痛がある。

 舌が赤紫色です。

 顔に シミ、そばかす、くすみ ができやすい。 

 

 卵巣、卵管、子宮の血流が悪くなり

 月経時、壊れた子宮内膜の細胞や、血液が、

 子宮内膜に残り、

 子宮内膜が厚くなり

 子宮内膜に古い血液がたまり、

 時間がたってから不正出血となって

 現れます。

 卵巣、卵管、子宮の血流を改善し、新しい

 子宮内膜を作り、不正出血を改善するために

 活血止血剤婦宝当帰膠を加えて用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶を加えます。 

  IMG_s2730.jpg

 

陽虚による不正出血 

 寒がり、冷え症(リンク)による不正出血です。

 陽虚とは、新陳代謝が悪く、顔色がさえない、

 寒がり、冷え性のタイプです。

 

 新陳代謝を活発にし、身体を温め、

 不正出血を改善するために

 参馬補腎丸(リンク)、

 参茸補血丸(リンク)

 婦宝当帰膠を加えて用います。  

 

陰虚による不正出血 

 潤いが不足してほてりによる不正出血です。

 手足が火照る、口が渇く、ドライアイ、

 耳鳴り、足腰がだるい、めまい、肌荒れ、

 などの症状が現れます。

 

 陰虚とは、身体の細胞に潤いを与える事が出来なくなり

 身体の中にほてりが生じて、皮膚粘膜が炎症しやすく

 なった状態です。

 身体の細胞に潤いを与え、ほてりを取り、

 不正出血を改善するために

 杞菊地黄丸

 を用います。

 オリエンタルハーブティの

 星火亀鹿仙(リンク) 

 香西洋参、百潤露を加えます。

 

 

更年期に近づき、

 細胞に潤いがなくなると、

 粘膜を守る潤いがなくなり

 粘膜が炎症して不正出血の原因になります。

 細胞に潤いを与えて

 血管を丈夫にし

 出血を改善するために

 星火亀鹿仙(リンク)

 田七人参茶(リンク)を加えて用います。

 

オリエンタルハーブティーの紹介

  田七人参茶(リンク)

  香西洋参(リンク)

  百潤露(リンク) 

 

 2004wx.08.21 021s.jpg

生理後の出血

 

  生理後の出血

 

生理が終わってから出血が続く方があります。

 生理(リンク)がだらだらと続く方があります。

 生理が終わって1週間後から出血が続く方があります。

 生理が終わって2、3日後に出血がある方もあります。

 排卵時に出血する方があります。

 出血も2、3日の方、7、8日の方があります。

 生理の色も鮮やかな色の出血や

 茶色の出血、出血にレバー状の固まりが混じる場合もあります。

 

生理後の出血は、

 子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、卵管炎

 などによって起こる器質的な出血と

 器質的に異常がない

 機能的な出血があります。

 

貧血気味で疲れやすく、

 生理の後だるさ、頭痛、肩こり、気持ちの落ち込み、

 めまい、などを伴う出血には

 新しい血液を作り出し

 身体の疲れを取り除き

 血管を丈夫にして出血を改善する

 帰脾湯

 血管を丈夫にして血流を改善する

 田七人参茶を加えて用います。

 

生理後の出血に固まりが混じったり

 子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫を伴うときには

 血流を改善し血管を丈夫にして出血を改善する

 田七人参茶

 新しい血液を作り出す

 婦宝当帰膠をくわえ

 子宮筋腫・卵巣嚢腫を小さくするために

 シベリア霊芝茶を加えて用います。

 IMG_0706aa.jpg