美肌(びはだ)

 

  美肌(びはだ)

 

理想の美肌とは、

 潤いがあって、艶があり、

 滑らかで張りがあり、

 弾力があって血色の好い肌 

 艶やかな若々しい肌 

 を言います。

  

漢方で美肌を作り出すものは、

 気・血・津液(水)を基にして

 腎が美肌を作り出すと考えられています。

 気は、

 身体のエネルギーや新陳代謝に関係し、

 肌の艶や弾力、張りの源となります。

 血は、

 肌の血色を良くして、艶や潤いを与えます。

 津液(水)は、

 肌の潤い、艶、張りを保つために体液です。

 漢方では、

 気・血・津液(水)の不足、過剰、滞りを

 整えることにより、美肌を作り出します。

 

肌荒れは、肝・心・脾・肺・腎の

 五臓(リンク)の衰えに関係しています。

くすみ・シミ・ニキビ・吹き出物の人は、

 ストレスが溜まりやすく、緊張しやすい

 自律神経の緊張が強いタイプです。

肌に艶がない、血色が悪い人は、

 貧血や冷え性の気血両虚のタイプです。

むくみ、目の下にたるみの人は、

 水分の代謝が悪く、痰湿、痰飲のタイプです。

□肌に潤いが不足して、しわが出来やすい人は、

 細胞に潤いを与える津液の不足タイプです。

しわ・たるみ・白髪・脱毛が現われる人は、

 更年期(リンク)に入り免疫力が低下した腎虚タイプです。

 

気虚

 疲れやすく、風邪をひきやすい。

 声に力がなく、元気がない。

 食欲がなく、胃腸が弱い。

 低虚弱体質で顔色が白い。

 肌に弾力がない。

  

気滞

 吹き出物、ニキビがおおい

 生理の前に胸が張ったり、イライラする。

 ストレスが溜まりやすく、自律神経の緊張が強い。

 

血虚

 髪の毛が細くて抜けやすい。

 爪が薄くて割れやすく、肌の血色が悪い。

 立ちくらみ、めまいがする。

 貧血、冷え症、低血圧

 

オ血

 生理痛が強く、月経に固まりが混じり、

  しみ、ソバカスが多い。

 唇子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫などがある。

 

陰虚

 乾燥肌で皮膚に潤いがなく、

  ドライアイ、ドライマウスなどがある。

  肩やすねなどに白い粉がふく。

  しわができやすく、敏感肌が多い。

 

●綺麗のための習慣

 朝は、温かいみそ汁を摂りましょう。

 体を温める温野菜を摂りましょう。

 散歩をして血の巡り・気の巡りをよくしましょう。

 23時までに就寝をしましょう。


おすすめ漢方薬

 婦宝当帰膠(リンク)

 冠元顆粒(リンク)


オリエンタルハーブティの紹介

 星火亀鹿仙(リンク)

 紅沙棘(リンク)

スキンケア

 

   スキンケア・肌のトラブル

 

漢方で

 皮膚は内臓の鏡 といわれます。

 皮膚は、内臓(肝・心・脾・肺・腎)と深くかかわり

 互い助け合い、バランスを取っています。

 皮膚の症状によって

 五臓や気・血・水の状態がわかります。

 

肌の症状

 血色が悪い、皮膚の乾燥、

 しわができやすい、

 髪の毛がぱさぱさ、爪が割れやすい、

 皮膚がかゆくて、赤みができやすい。

原因

 血(血液)、津液(水分)、の不足。

 肝や腎の働きが低下です。

 

肌の症状

 肌の脹り、弾力、バリア機能の低下。

 艶がない、目の下のたるみ、

 はれやジュクジュクなどの皮膚の症状。

原因

 気血不足、脾(胃腸)の働きの低下です。

 

肌の症状

 白髪、脱毛、

 髪の毛のこしが足りない。

 くすみ、目の下のクマ。

原因

 腎の機能低下、気血不足です。

 

肌の症状

 くすみ、くま、しみ。

 肌がざらつく、肌の肥厚。

原因

 気(エネルギー)の低下。

 オ血(血行不良)です。

 

 

  IMG_bb0681.jpg