胃 十二指腸潰瘍 漢方薬

 

  胃 十二指腸潰瘍 

 

胃 十二指腸潰瘍になると、

 痛み、だだれ、胸やけ、吐き気、

 食欲不振(リンク)、 膨満感、

 つかえ、めまい、などの症状が現れます。

 ストレス、緊張が原因と言われています。

 

ストレスを発散し、

 緊張を解きほぐし、

 胃の動きを元に戻して、膨満感を改善し、

 痛みを和らげ、ただれを改善するために

 柴胡でストレスや緊張を解きほぐし

 枳実で固まった胃腸の動きを解きほぐし

 芍薬と甘草で痛みを和らげます。

 

 ストレスを発散し

 緊張を解きほぐす

 安神作用を用います。

  

 胃、十二指腸の粘膜のただれた部分に

 潤いを与え、粘液を作り出し

 粘膜を保護し

 炎症を鎮め、胸やけを改善します。

  

  潰瘍のただれた粘膜を保護し

 皮膚粘膜を再生するために

 抗炎生肌剤を用います。   

 

 胸やけが強いとき

 胃粘膜の炎症を鎮めるための

 漢方薬を加えます。

 

 胃潰瘍や十二指腸潰瘍が慢性化すると

 胃の粘膜が委縮する

 萎縮性胃炎(リンク)

 濃い胃液が出て逆流する

 逆流性食道炎(リンク)

 などの症状を伴います。 

 

  ストレス(リンク)

 食欲不振(リンク)

   2005xx.6.25 045 - コピー.jpg