無月経 生理がこない 漢方薬

 

 無月経 生理がこない     

  

 無月経とは、3ヶ月以上生理の来ない状態です。

 18歳を過ぎても、初潮が来ない『原発性無月経』と

 様々な原因により

 3ヶ月以上月経が来ない『続発性無月経』があります。

 40歳未満で閉経することを、『早発閉経』と言います。 

 

漢方で女性は、7の倍数で変化するといわれます。

 14歳で初潮が来る。

 28歳で免疫、ホルモン、基礎代謝、最も良いピークに達する。

 42歳でホルモンが減少し、プレ更年期に入る。

 49歳で閉経を迎え、更年期に入ります。

 

生まれた時、卵巣の中には約200万個の

 原始卵胞があります。

 約200万個あった原始卵胞は、

 思春期には、約30万個に減少します。

 1回の月経周期で約1000個の原始卵胞が消滅します。

 1日に換算すると約30個〜40個の

 原始卵胞が消滅してゆきます。

 原始卵胞は、約190日かかって

 原始卵胞→発育卵胞→成熟卵胞になり、

 排卵を迎えます。

 原始卵胞から約160日かかって3次卵胞まで成長し、

 月経周期に乗って14日で排卵します。

 

一年以上 生理(リンク)が止まり

 排卵がない人は、

 原子卵胞の状態で成長が止まっていると考えられます。

 原始卵胞の状態で発育が止まっている

 無月経・無排卵の人が、

 卵巣の働きが正常になり、

 卵胞が発育し

 原始卵胞から成熟卵胞になって、

 排卵するまでに

 約190日以上かかると考えられます。

 そのため

 治療には約190日から約1年以上の時間が

 必要と思われます。

 

原始卵胞の発育が止まり

 無排卵・無月経の状態は、

 卵巣の働きが停止して

 女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の

 分泌が停止しています。

 女性ホルモンは、

 若々しい肌や艶のあるう髪をつくり

 骨を作り骨粗鬆症を防ぎます。

 コレステロールや中性脂肪の分解に関わり

 動脈硬化を防いでいます。

 女性の心と身体を

 美しく 若々しく 健やかに 保つ働きをしています。

 卵巣の機能が停止して

 女性ホルモンの分泌が止まると、

 更年期の様々な症状が現われて

 老化が早まります。

 2005.5.9 024 h.jpg

  

卵子は、生まれた時から年を重ねてゆき、

 自身の年齢と同じく、年を重ね老化してゆきます。

 35歳から老化が進み

 卵子の成長も遅くなり、

 排卵も困難になってゆくと考えられています。

 無月経2へ続く(リンク)

 

無月経 生理がこない 漢方薬

 

  無月経 生理がこない

 

原始卵胞から発育卵胞そして

 成熟卵胞になり 排卵するには

 約190日以上かかります。

 無月経・無排卵の治療には、

 7か月から1年以上の時間が必要と考えられます。

 

中国の古典「素問・上古天真論」には

 『女子は7歳にして腎気盛ん、歯替り髪長ず。

 14歳にして天癸至り、任脈通じ、大衝の脈盛ん

 月経時を以て下る。ゆえに子あり。』とあります。

 

 女性は、7歳にして新陳代謝が活発になり

 歯が生え替り、髪も長くなる。

 14歳で、ホルモン分泌が充実して月経が始まり

 妊娠することが可能になる。という意味です。

 

 

 無月経・無排卵に用いる漢方薬は、

 その症状によって選びます。

 

血虚の無月経 

 血液不足による無月経です。

 貧血、冷え性、低血圧、

 元気がない、血色が悪い、疲れやすい、少食、動悸、

 息切れ、めまい、などの症状があり、

 また、ダイエット、激しいスポーツなどで、

 新しい栄養をもった血液が、子宮や卵巣に

 十分届かず、女性ホルモンも作れない状態です。

 

 卵巣に栄養が届かず

 卵巣の中の卵胞が

 原始卵胞→発育卵胞→成熟卵胞に発育できないため

 卵子が排卵できない状態です。 

 子宮内膜に充分栄養が届かず

 新しい子宮内膜が増殖できない状態です。

 排卵しないので黄体ホルモンが分泌せず

 子宮内膜が増殖できず

 子宮内膜が剥離しません。

 子宮内膜が剥離して排出したものが月経ですから

 子宮内膜が剥離して排出しないので

 月経(リンク)が来ません。 

 

 新しい血液を造り、子宮や卵巣に栄養送り

 卵胞を成長させ卵子を排卵に導き

 子宮内膜に栄養を送って子宮内膜を増殖させ 

 ホルモンを整えるために婦宝当帰膠(リンク)を用います。

 2008.7.11 h014 - コピー.jpg

 

気滞の無月経 

 ストレス・緊張による無月経です。

 ストレス(リンク)、イライラ、不安、

 心配、怒り、悲しみ、緊張により

 血管が収縮し、血流が悪くなり、

 自律神経が緊張します。

 自律神経の緊張によって

 視床下部の女性ホルモンのバランスが崩れ 

 生理が止まります。

 

 ストレスを発散し、自律神経の緊張を解きほぐし、

 血流を改善し

 女性ホルモンのバランスを整え 

 卵巣や子宮に新しい血液を送るため

 婦宝当帰膠

 逍遥丸(リンク)、 を加えて用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶(リンク)を加えます。

 

オ血の無月経 

 血液の流れが滞る無月経です。

 血流が悪く頭痛、肩こり、

 経血にレバー状の固まりが混じるタイプです。

 血流が悪く 新しい血液 営養を持った血液が

 卵巣や子宮に届かなくなるとともに

 女性ホルモンの流れが悪くなり

 卵巣の中で卵胞の発育が出来ず

 排卵できません。

 子宮内膜にも栄養が出来ず

 子宮内膜が増殖できないために 

 無月経になります。

 婦宝当帰膠

 血流を改善する活血剤の

 冠元顆粒(リンク) を加えて用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶(リンク)を加えます。

 

腎虚の無月経

  新陳代謝低下、ホルモン作用の低下

 卵巣の萎縮や老化による無月経です。

 ホルモン剤(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)のピルを用いて

 子宮内膜を増殖し

 増殖した子宮内膜がはがれて

 月経が来ても

 卵巣の中で卵胞が発育していないため

 成熟卵胞より卵子が排卵していない

 無排卵の状態です。

 

 初潮年齢が遅かった、

 冷えが強く、低体温、基礎代謝が低い、

 排卵誘発剤、ホルモン剤を長く使用した、

 手術、出産などで大量の出血をした、

 などの症状を持つ人は、

 成長・発育・生殖・ホルモンの分泌に関係する

 漢方で言う腎の働きが低下した

 腎虚(リンク)の状態です。 

 

 新陳代謝を活発にし、

 基礎代謝をあげ、免疫力をあげ、

 身体をあたため、新しい血液を造り

 卵巣に栄養を流すための

 婦宝当帰膠

 卵巣の働きを助け 

 新しい細胞を作り出し

 卵胞の発育を促して

 原始卵胞から発育卵胞そして成熟卵胞に

 成熟卵胞から卵子を排卵するために

 補腎薬(リンク)

 参馬補腎丸(リンク)、

 参茸補血丸(リンク)、

 を加えて用います。

 オリエンタルハーブティの

 星火亀鹿仙を加えます。 

  IMG_0748cc.jpg