漢方薬の解説 2

 

         漢方薬の解説 2 

  

    漢方薬によって、気血を補い、腎を補うことは

       免疫力が高まり、免疫力が調節され

    内臓、骨、筋肉、大脳の働きが活発になり

        自律神経や内分泌のホルモンも働きが整い

           心身ともに健やかになります。

散痛楽々丸(さんつうらくらくがん)

 

     散痛楽々丸(さんつうらくらくがん)

  200w_1210_131033-PC100002.jpg

この商品はオンライン販売しておりません。

成分:30丸中

トウキ・・・1000mg   ボウイ・・・750mg

ジオウ・・・1000mg   キョウカツ・・・750mg

ソウジュツ・・・1000mg   ボウフウ・・・750mg

センキュウ・・・1000mg   リュウタン・・・750mg

トウニン・・・1000mg   ショウキョウ・・・250mg

ブクリョウ・・・1000mg   チンピ・・・750mg

シャクヤク・・・1250mg   ビャクシ・・・500mg

ゴシツ・・・750mg   カンゾウ・・・500mg

イレイセン・・・750mg

 

効能・効果

 体力中等度で、痛みがあり、

 ときにしびれがあるものの次の諸症: 

 関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛

  

用法・用量

 大人(15歳以上)   1回10丸

 15歳未満7歳以上  1回7丸

 1日3回食前又は食間に

 服用してください。

 

関連症状の解説

 季節と漢方薬(リンク)

 腰痛(リンク)

 筋肉痛(リンク)

 関節痛(リンク)

 

天津感冒片(てんしんかんぼうへん)

 

  天津感冒片(てんしんかんぼうへん)

 

  IMG_6427.JPG        

この商品はオンライン販売しておりません。

 

天津感冒片は製造中止になりました。

 

 成分:18錠中

 キンギンカ・・・4.26g   レンギョウ・・・4.26g

 キキョウ・・・2.56g   タンチクヨウ・・・1.70g

 ハッカ・・・2.56g   タンズシ・・・2.14g

 ケイガイ・・・1.70g   ゴボウシ・・・2.14g

 カンゾウ・・・2.56g   レイヨウカク・・・0.13g

 

効能:

 かぜ(リンク)

 による 、のどの痛み(リンク)・

 口(のど)の渇き・せき・頭痛

 

用法・用量

 成人(15歳以上)    1回6錠

 15歳未満7歳以上   1回3錠

 1日2〜3回服用してください。

 

関連症状の解説

 季節と漢方薬(リンク)

 かぜ(リンク)

 せき(リンク)

 のどの痛み(リンク)

 インフルエンザ(リンク)

 

開気丸(かいきがん)

 

    開気丸(かいきがん)

 

  IMG_3979h.jpg                                             

 この商品はオンライン販売しておりません。

効能・効果

 ○胃腸疾患に伴う次の諸症状:吐き気

  (むかつき、胃のむかつき、吐気、悪心)、

  胸つかえ、腹部膨満感、腹痛、胃痛、

  食欲不振、 消化不良、下痢。

 ○腹部膨満感を伴い、

  繰り返し又は交互に現れる下痢及び便秘

 

用法・用量

 成人(15歳以上)1回8丸

 1日3回、

 食間又は空腹時に服用してください。

 

成分・分量

 本品1日量24丸中

下記の成分及び分量の生薬を用いて

製した水製エキス末です。

 シャクヤク・・・1.8g  シュクシャ・・・1.0g

 ブクリョウ…0.2g   コウボク・・・1.5g

 モッコウ・・・1.0g   ビャクズク・・・1.5g

 チンピ・・・1.2g    ウコン・・・0.2g

 ジンコウ・・・0.3g   エンゴサク・・・1.0g

 キジツ・・・0.2g    センレンシ・・・0.1g

生薬末

 シャクヤク末・・・0.27g   ウコン末・・・0.03g

 コウボク末・・・0.225g   キジツ末・・・0.03g

 チンピ末・・・0.18g     ブクリョウ末・・・0.03g 

 エンゴサク末・・・0.15g  ビャクズク末・・・0.225g 

 シュクシャ末・・・0.15g   ジンコウ末・・・0.045g

 モッコウ末・・・0.15g    センレンシ末・・・0.015g

 

関連症状

 腹部膨満感(リンク)

 ゲップ(リンク)

 ストレス(リンク)

 おならがよく出る(リンク)

 

 

 

星火牛黄清心丸(せいかごおうせいしんがん)

 

 

        星火牛黄清心丸

         (せいかごおうせいしんがん)

               200w_0519_102012-P5190025.jpg          

この商品はオンライン販売しておりません。

製造中止になりました。

成分:60丸中

 ゴオウ・・・100mg   シャクヤク・・・480mg

 ニンジン・・・600mg   ケイヒ・・・360mg

 トウキ・・・360mg   ボウフウ・・・360mg

 センキュウ・・・360mg   レイヨウカク・・・420mg

 カンゾウ・・・600mg   シベット・・・100mg

効能:

 次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、

 胃腸虚弱、食欲不振、

 

用法・用量

 大人(15歳以上)   1回30丸

 15歳未満8歳以上  1回15丸

 1日2回食間空腹時に服用してください。

 

 

中薬杞菊地黄丸

 

  中薬 杞菊地黄丸

 

   2009aa_1121_163114-PB210073.jpg

 この商品はオンライン販売しておりません。

成分・分量

 1日量24丸中

 クコシ・・・0.3g   サンヤク・・・0.6g

 キクカ・・・0.3g   ブクリョウ・・・0.45g

 ジオウ・・・1.2g   ボタンピ・・・0.45g

 サンシュユ・・・0.6g   タクシャ・・・0.45g

 

用法・用量

 大人(15歳以上) 1回8丸

 1日3回 食前又は食間に、

 水又はお湯で服用してください。

   

効能・効果:

 疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少又は

 多尿で、ときの口渇のあるものの次の症状:

 疲れ目、かすみ目、のぼせ、めまい、

 頭痛、排尿困難、頻尿、むくみ

 

漢方に

 『肝は、目に開竅する。』

 という言葉があります。

 漢方では、肝は

 自律神経の働きが、含まれます。

 自律神経の緊張によって、

 目の疲れ、視力低下、目のカスミ、ドライアイ、

 目の充血、

 などが現れます。

 

●こんな方にお勧めです。

 疲れ目の方。

 痒み目の方。

 目がショボショボする方。

 焦点が合わず目を細める方。

 目が充血する方。

 かすみ目の方。

 視力が低下した方。

 のぼせる方。

 ドライアイの方。

 飛蚊症の方。

 目の奥が痛い。

 

●関連症状

 ドライアイ(リンク)

 目の痒み(リンク)

 眼精疲労 疲れ目(リンク)

 目の充血(リンク)

 瞼の痙攣(リンク)

   

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

 

  参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

 

    IMG_hh3646.jpg

この商品はオンライン販売しておりません。 

■イスクラ参茸補血丸420丸

 成分・分量

 1日量30丸(7.5g)中

 オウギ・・・0.86g   リュウガンニク・・・0.86g

 ゴシツ・・・0.86g   カラトウキ・・・0.86g

 トチュウ・・・0.86g   ハゲキテン・・・0.86g

 ニンジン・・・0.45g   ロクジョウ・・・0.36g

 

効能・効果

 次の場合の滋養強壮:

 虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、

 食欲不振、血色不良、冷え性

 

用法・用量

 成人(15歳以上)1回10丸

 1日3回服用してください。

 

酸棗仁湯顆粒

 

  酸棗仁湯顆粒

 

  IMG_h3631.jpg

この商品はオンライン販売しておりません。

●イスクラ酸棗仁湯顆粒

 成分・分量

 1日量3包(6.0g)中

 センキュウ・・・1.88g

 チモ・・・・・・・・1.88g

 ブクリョウ・・・・1.88g

 カンゾウ・・・・・0.94g

 サンソウニン・・・24.00g

 

効能効果

 体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、

 不眠などがあるものの

 次の諸症:不眠症、神経症

 

用法・用量

 成人(15歳以上)1回1包

 1日3回服用してください。


◎イスクラ産業株式会社 お客様相談室

 電話 03−3281−3363

 受付時間 午前9:00〜午後5:00まで


関連症状の紹介

 不眠症(リンク)

 頭痛(リンク)

 不安神経症(リンク)

 パニック障害(リンク)


 

イスクラ補中丸T

 

  イスクラ補中丸T

 

  IMG_h3630.jpg

 この商品はオンライン販売しておりません。

イスクラ補中丸Tの用法・用量

 成人(15歳以上)1回10丸、1日3回

 食間に温水にて服用してください。

 

成分・分量

 本品1日量30丸中

 オウギ・・・1.14g     カンゾウ・・・0.75g

 チンピ・・・0.45g     トウキ・・・・・0.45g

 ビャクジュツ・・・0.45g   サイコ・・・0.09g

 ショウマ・・・0.09g    トウジン・・・0.75g

 

効能・効果

 虚弱体質、貧血症、夏やせ、胃弱、

 病中・病後の体力回復、痔疾、脱肛、

 胃腸機能が減退し、疲労倦怠のあるもの

 又は頭痛、悪寒、発汗を伴うもの。

 

気虚(ききょ)とは、

 元気の元の気が不足している状態です。

 自然治癒力が低下して、

 免疫力が低下して、疲れやすく、

 手足の冷え、風邪を引きやすい、汗をかきやすい、

 夏バテしやすい、

 胃下垂、内臓下垂(リンク)、花粉症、

 アレルギー疾患、

 脱肛(リンク)、

 不正出血、

 不妊症(リンク)、皮下出血、

 などが表れやすい。

 気虚タイプのおすすめ食材は、

 えび、カボチャ、ニンニク、玉ねぎ、にら、クルミ、

 生姜、鶏肉、サトイモ、山芋、そら豆、シイタケ、

 エノキタケ、シメジ、栗、うなぎ、枝豆、

 

こんな方にお勧めです。

 免疫力が落ちている方。

 風邪を引きやすい方。

 下痢しやすい方。

 慢性疲労の方。

 内臓下垂の方。

 貧血気味の方。

 慢性下痢の方。

 夏バテ(リンク)で食欲のない方。

 肺機能の低下している方。

 不妊の方。

 うつ病の方。

季節と漢方薬(リンク)

  

イスクラ健胃顆粒s

 

   イスクラ健胃顆粒s

 

  IMG_3963.JPG

 この商品はオンライン販売しておりません。

成分・分量

 1日3包中

 ビャクジュツ・・・4.68g    ブクリョウ・・・4.68g

 ハンゲ・・・2.34g        シュクシャ・・・1.80g

 チンピ・・・1.80g        カンゾウ・・・1.62g

 モッコウ・・・1.62g       トウジン・・・2.34g

効能効果

 比較的体力がなく、胃腸の働きの弱いものの次の症状:

 胃炎、胃腸虚弱、胃痛、腹痛、食欲不振、胃部不快感、

 腹部膨満感、悪心、下痢

 

用法・用量

 成人(15歳以上)

 1回1包、1日2〜3回、

 食前又は食間に服用してください。

 

●関連症状

 下痢(リンク)

 おならがよく出る(リンク)

 お腹がゴロゴロなる(リンク)

 内臓下垂(リンク) 

 過敏性大腸炎(リンク)

 

四逆散料エキス顆粒

 

     四逆散料(しぎゃくさんりょう)エキス顆粒

 

       IMG_s6397.jpg  

 

第2類医薬品

 成分・分量

  本品3.6g(3包)中

  サイコ・・・5.0g      シャクヤク・・・4.0g

  キジツ・・・2.0g      カンゾウ・・・1.5g

 上記の混合生薬より抽出した四逆散料の水製エキス1.8gを

 含有しています。賦形剤としてトウモロコシデンプンを

 含有しています。

 

 効能・効果

 体力中等度以上で、胸腹部に重苦しさがあり、

 時に不安、不眠などがあるものの次の諸症

 :胃炎、胃痛、腹痛、神経症

 

 用法・用量

 下記の量を1日3回食前又は食間に

 水又はぬるま湯と一緒に服用してください。

 成人(15歳以上)  1回 1包

 7歳以上15歳未満 1回 2/3包

 4歳以上7歳未満  1回 1/2包

 2歳以上4歳未満  1回  1/3包

 

●こんな方にお勧めです。

 緊張しやすい方。

 緊張によって肩こりしやすい方。

 ストレスが溜まりやすい方。

 緊張によって喉がつかえる方。

 緊張によって胸が苦しくなる過多。

 過呼吸の方。

 緊張によって、脇の下や手のひらに汗をかく方。

 緊張によってお腹が張る方。

 イライラしやすい方。

 ストレスや緊張によって胃が痛くなる方。


漢方の肝脾不和(かんぴふわ)とは、

 ストレスや緊張で

 胃や腸が固まり

 食べ物が胃腸に残り、異常発酵して

 ガスがたまり、お腹の脹り、痛み、

 腹部膨満感、食欲不振、肩こり、抑うつ、

 不眠、イライラ、不満感、不安感、

 などが現れます。 

 

関連症状

 ストレス(リンク)

 腹部膨満感(リンク)

 口が苦い(リンク)

 イライラ(リンク)

 ゲップ(リンク)

 不眠(リンク)

 過呼吸(リンク)

 パニック障害(リンク)

 

 

心脾顆粒(しんぴかりゅう)

 

    心脾顆粒(しんぴかりゅう)

 

           IMG_7157s.jpg

        この商品は、オンライン販売しておりません。

 

成分・分量

 本品1日量3包(6.0g)中、下記成分及び分量の

 生薬より製した心脾顆粒8.4gを含有します。

 オウギ・・・2.1g        オンジ・・・1.05g

 サンソウニン・・・2.1g    トウキ・・・1.05g

 ビャクジュツ・・・2.1g     カンゾウ・・・0.525g

 ブクリョウ・・・2.1g       モッコウ・・・0.525g

 リュウガンニク・・・2.1g    トウジン・・・4.2g

 

効能・効果

 貧血、不眠、健忘

 

用法・用量

 成人(15歳以上)1回1包、

 1日2〜3回 食間に温水で服用してください。

 

こんな方にお勧めです。

 考えすぎの方。

 緊張しやすい方。

 不安(リンク)を感じる方。

 眠りが浅い方(リンク)。

 疲れやすい方。

 パニック障害(リンク)の方。

 不正出血(リンク)の方。

 動悸を感じる方。

 気持ちが沈みやすい方。

 ストレス(リンク)がたまっている方。

 肩こりの方。

 落ち込みやすい方(リンク)。

 心身ともに疲れている方。

 物忘れ(リンク)しやすい方。

 めまいや立ちくらみを感じる方。

 胃腸の弱い方。

 貧血気味(リンク)の方。

 下痢しやすい方。

 あざができやすい方。

 

心の優しい人、他人に気を使う人、思いやりのある人、

 親切な人、責任感の強い人、規則正しい人、

 高みを目指す人、完璧を目指す人、

 などは、

 自分で気が付かないうちに、

 心の奥深いところに

 悲しみ、失望、怒り、苦しみ、不安、がたまり、

 心の奥深い所に

 暗くて冷たい、固い部分が生まれ

 溢れだし、

 それが耐え切れないとき

 それによって

 様々な症状が現れます。


漢方薬の紹介

 貧血・冷え性・頭痛・肩こり・生理痛・生理不順に

 婦宝当帰膠(リンク)を用います。

 血圧の高めの頭痛・肩こりに

 冠元顆粒(リンク)を用います。

 疲労・倦怠に

 補中丸(リンク)を用います。

 更年期障害に

 逍遥顆粒(リンク)を用います。

 不眠症に

 酸棗仁湯顆粒(リンク)を用います。


オリエンタルハーブティの紹介

 シベリア人参茶(リンク)


漢方の肝血虚とは、

 身体のエネルギーである、

 気と血が不足して

 基礎代謝が低下して、

 疲労倦怠、不眠、物忘れ、

 気持ちが沈んで、

 不安、心配、憂鬱、悲しみ、

 動悸、過呼吸、月経前不安神経症、

 不安神経症、

 などの症状が現れます。

 

 

逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

 

            逍遥顆粒(しょうようかりゅう)

 

        IMG_a7201a.jpg

 

      この商品は、オンライン販売されていません。

 

逍遥とは、煩わしい世間から離れて、気ままに、自由自在に

 人生を送るという意味で、中国の荘子の代表作

 『逍遥遊』が、出典とされています。

 心も体も解放されて、リラックスしている状態を言います。

 

 第2類医薬品

 

 効能・効果

  体力中等度以下で、肩が凝り、疲れやすく精神不安などの

  精神神経症状、時に便秘の傾向のあるものの次の諸症:

  冷え性、虚弱体質、

  月経不順、月経困難、

  更年期障害、

  血の道症、不眠症、

  神経症、

 

 用法・用量

  成人(15歳以上)      1回1包

  15歳未満7歳以上     1回2/3包

  7歳未満4歳以上      1回1/2包

  4歳未満2歳以上      1回1/3包

  2歳未満            1回1/4包

  1日3回食間又は、空腹時に服用してください。

 

成分・分量

 本品1日量3包(7.5g)中、下記成分及び

 分量の生薬より製した逍遥エキス9.6gを

 含有します。

 シャクヤク・・・・3.0g     ビャクジュツ・・・・3.0g

 カンゾウ・・・・1.5g      ブクリョウ・・・・3.0g

 トウキ・・・・3.0g        ショウキョウ・・・・1.0g

 サイコ・・・・3.0g        ハッカ・・・・1.0g

 ※添加物としてトウモロコシデンプン、乳糖を含有します。


漢方で言う肝とは、

 漢方では、

 肝は、自律神経を意味します。

 漢方の言葉に、

 肝は、筋を主って、目に開竅し

   その華は、爪にある。

 という言葉があります。

 自律神経が緊張すると、

 筋肉が固まり、身体が固まって、

 血流が悪くなり、

 肩こりがしやすく、

 目の奥の筋肉が固まり、

 疲れ目や目の充血があり、

 爪に栄養が届かなくなると、

 爪が割れやすくなります。

 

漢方薬の肝気鬱結(かんきうっけつ)とは、

 ストレスや緊張によって、

 自律神経が緊張し、

 身体が固まって

 血管が収縮し、血流が悪くなります。

 心も体も固まり、エネルギーの気が廻らなくなります。

 抑うつ、イライラ、怒りっぽい、ため息、胸やお腹が脹る、

 乳房の脹痛、頭痛、肩こり、めまい、肌の乾燥、

 食欲不振、生理痛、しびれ、けいれん、シミ、肌荒れ、

 生理不順、吐き気、疲れやすい、やる気がしない、

 眠りが浅い、食欲不振、冷え性、髪につやがない、

 抜け毛が多い、不安、

 などの症状が現れます


関連症状

 更年期障害(リンク)

 不眠症(リンク)

 頭痛(リンク)

 肩こり(リンク)

 生理不順(リンク)

 月経前症候群(リンク)

 月経前不快気分障害(リンク)