クーラー病 冷房病

 

  クーラー病 冷房病

 

クーラーがきいた部屋に長時間いたり、

 クーラーのきいた部屋と室外を出入りして、

 自律神経の働きが乱れ

 体温を調節することが出来なくなります。

 冷え性(リンク)、

 肩こり(リンク)、疲労倦怠、

 めまい(リンク)、

 頭痛(リンク)、

 下痢(リンク)、軟便、

 食欲不振、腰痛、

 生理(リンク)が乱れて 

 生理痛(リンク)、生理不順、

 不安、不眠、

 パニック(リンク)、

 自律神経失調症(リンク)、

 うつ病、

 風邪をひきやすい、などの症状が現れます。

 

クーラー病の漢方治療は、

 『寒則温之』<冷えたら温める>

 陽気を補う漢方薬を用います。

 

血虚タイプ

 貧血、冷え性、低血圧で頭痛や肩こりを

 ともない生理痛、生理不順があります。

 全身に栄養を与える血液が虚して

 顔につやがない、

 髪の毛がパサつく、

 唇や爪の色が淡い、

 めまいや立ちくらみ、

 筋肉が引きつる

 などの症状を伴って

 手足の先に冷えを感じます。 

 新しい血液を作り、身体を温め

 体調を整える

 婦宝当帰膠(リンク)を用います。

 

衛気虚(えききょ)タイプ

 冷房の部屋に入ると、

 くしゃみ、鼻水、頭重、頭痛、寒気を感じます。

 身体の表面の汗の穴の開閉の調節が悪く

 寒邪(かんじゃ)が外から汗腺を通して侵入します。

 風邪をひきやすく、風邪がなかなか抜けない、

 慢性の風邪、花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息などを

 起こしやすいタイプです。

 免疫力を高め、鼻、のど、気管支、肺の呼吸器系の

 粘膜にバリアーを張って粘膜を守る

 黄耆が最も多く含まれる

 衛益顆粒(リンク)を用います。

 

陽虚タイプ

 冷えが強く

 基礎代謝が悪く、低体温、

 手足が冷たい、足腰が冷える、トイレが近い、

 などの症状があります。

 新陳代謝を活発にして、新しい細胞を作り

 ホルモンを作り出し、水分の代謝を助け、

 膀胱、腎臓、の働きを助け、

 骨を丈夫にし、身体を温める

 参馬補腎丸(リンク)

 参茸補血丸(リンク)を用います。

 

 足腰が冷えて、トイレが近い症状や

 足腰が冷えて、むくみを感じる時

 基礎代謝を上げて、 

 下半身を温めて、水分の代謝を改善するために

 金匱腎気丸(リンク) を用います。

 

オ血タイプ

 生活習慣病や肩こり、高脂血症、高血圧、

 物忘れ、

 血流が悪いタイプです。

 血管を広げ、血栓を溶かし

 血流を改善する

 冠元顆粒(リンク)を用います。 

 

脾気虚タイプ

 お腹が冷えて、胃腸が弱り、

 お腹が痛く、ガスがたまり、軟便、下痢などが現れます。

 胃腸の働きを補い

 消化吸収を助ける

 補中丸(リンク) 

 健胃顆粒(リンク) を用います。

 

風湿タイプ

 寝冷えして、朝起きると

 鼻水、頭痛、頭重、くしゃみ

 下痢、軟便、夏かぜの症状です。

 胃腸を温め、風湿の邪を発散し

 症状を改善する

 五苓散

 半夏白朮天麻湯を用います。 

 

免疫力を上げ、免疫を調節し

 身体を温め、自律神経の働きを正常にし

 体温の調節を元に戻す

 補腎安神剤を加えて用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア人参茶を加えます。 

 

長時間のクーラーで、身体全体が冷え、

 肩、腰、ひざ、足首などの関節が痛む時、

 筋肉、スジ、骨に新しい栄養を流し

 骨、筋肉、スジを作り出し、

 関節の痛み、痺れを取り除くために

 独歩顆粒

 散痛楽々丸(リンク)

 を用います。

 

オリエンタルハーブティの紹介

   シベリア人参(リンク) 

 

 夏かぜ(リンク)

 夏ばて(リンク)

 熱中症(リンク)

 日焼け・日光性皮膚炎(リンク)

 夏の漢方薬(リンク)

   IMG_h3551.jpg