風邪・カゼと漢方薬

 

 風邪・かぜは、その症状の変化に合わせて、

        用いる漢方薬も変えて用います。

 

カゼの予防には、免疫力を高め、汗腺を調節し、

 体にバリアーを張って、カゼやアレルギー性鼻炎を

 予防する働きのある漢方薬の黄耆を主成分に、

 体の表面を温めて、発表する漢方薬の防風、

 胃腸の働きを助ける白朮が含まれる、  

 衛益顆粒(リンク)を用います。

 衛益顆粒は、肺気能を高め

 免疫力を高め、免疫力を調節します。

 

風邪、インフルエンザ、ノロウイルスの予防には、

 抗菌・抗ウイルス作用があり

 清熱解毒作用の

 板藍茶(リンク)が最適です。

 

 咽の炎症を鎮め

 咽の粘膜に潤いを与え

 咽の粘膜を守る

 清熱利咽、潤肺化痰、生津止渇作用の

 響聲白龍散を用います。

 

 咳や気管支炎の予防には、

 咽や気管支や肺に潤いを与えて

 呼吸器系を守る

 百潤露を用います。 

 

カゼの邪が体内に入り、体の表面が熱く、

 のどの炎症、痛み、腫れ、発熱を感じる風邪には、

 身体の熱をとり、のどの炎症、痛みを取り除く

 天津感冒片(リンク) を用います。

 

身体の表面に、

 寒気を感じ、 

 クシャミ、鼻水、頭痛には、身体を温めて

 症状を改善する頂調顆粒を用います。

 

おながか冷えて、下痢を伴う、消化器性のカゼには、

 消化器を整えカゼを改善する勝湿顆粒(リンク)を用います。

 

  IMG_h3629.jpg     

 

 

☆咳に用いる漢方薬。

のどや気管支が炎症して、

 黄色い粘りのある痰がのどに付き、

 強い咳が出る時には、のどの炎症を取り除き、

 咳を改善する麻杏止咳顆粒を用います。

 さらに黄色い痰を取り除くため、

 星火温胆湯を加える用い方があります。

 

 炎症に加えて、のどや気管支の粘膜を保護する

 粘液が不足した、

 乾いた咳、たんの切れにくい咳、口の渇き、

 には、のどや気管支を保護する粘液を作り、

 炎症を改善する潤肺糖漿(リンク)を用います。

 

 咳が慢性化し、気管支炎、気管支喘息に移行し、

 肺機能が弱って、いる場合には、

 その炎症を取り除き、弱った肺機機能を助け

 肺や気管支の粘膜に潤いを与え、

 粘膜を保護するために、

 麦味参顆粒(リンク)を加えます。

 

透明の水溶性の痰で、クシャミ、鼻水を伴い、

 気管支が冷えている咳には、

 気管支を温め、冷たい咳を取り除き、

 咳を改善する平喘顆粒を用います。

 

 さらに慢性化し、肺が冷えて、

 肺機能が弱っている場合には、

 肺を温め、弱った肺機能を補う作用をもつ、

 肺機能を高める 

 漢方の冬虫夏草、ゴウガイが処方されている、

 双料参茸丸があります。

 

カゼから、滲出性中耳炎に移行した場合、

 内耳にたまる滲出液をさばき、

 損傷した皮膚粘膜の再生を助け、

 免疫力を高める目的で、

 黄耆健中湯を加えます。

 

畜膿症には、

 副鼻くうの炎症をとり、

 粘膜を修復し、免疫力を高めるため、

 鼻淵丸(リンク)

 黄耆健中湯を用います。

 

カゼから移行した、慢性の頭痛には、

 カゼの邪を追い出し、身体を温め、

 血流を改善するため、頂調顆粒

 冠元顆粒(リンク)を用います。

 

 オリエンタルハーブティの紹介

   五行草(リンク)

   香西洋参(リンク)

   紅沙棘(リンク) 

 

 かぜの養生(リンク) 

 カゼ・風邪(リンク)

 咽の痛み・扁桃炎(リンク)

 せき・気管支炎・喘息(リンク)

 蓄膿症(リンク) 

    200t_1215_090840-PC150001.jpg

 

 

●漢方は、体質を良くお聞きして、

  体質に合った漢方薬を見つけることが大切です。

 

 

かぜの予防

 

  かぜの予防

 

風邪にかかりやすい体質

 寝ても疲れが取れない。

 息切れする。

 汗が出やすい。

 顔色が白い。

 冷え性。

 食欲不振。

 いつも喉がイガイガする。

 扁桃腺が腫れやすい。

 のどが乾燥しやすい。

 咳が出やすい。

 慢性気管支炎や喘息の人。

 肺炎になりやすい。

 免疫力が低下している。

 

風邪の予防

 漢方では、

 正気が内にあれば、邪に侵されることがない。

 という言葉があります。

 免疫力や体力が十分備わっていると

 病気にかかりにくい。という意味です。

 かぜやインフルエンザの予防も、

 病気を寄せ付けない、元気な体を作ることが大切です。

 扶正去邪(ふせいきょじゃ)といい

 正気:免疫力を高め

 去邪:邪気を追い出します。

 正気の免疫力を高めるには、

 肺を丈夫にして、衛気(えき):体を守る防衛力を高め

 鼻や喉の粘膜を守って邪気の侵入を防ぐ

 衛益顆粒(リンク)を用います。

 去邪の邪気を追い出すには

 中国で昔から用いられている

 菜の花の仲間の板藍茶(リンク)を用います。

 

風邪のウイルスは

 鼻・のど・気管支の粘膜から侵入します。

 粘膜に潤いがなく

 乾燥していると

 風邪のウイルスが侵入しやすくなります。

 粘膜に潤いを与えて

 風邪のウイルスの侵入を防ぎ

 粘膜を守るために

 麦味参顆粒(リンク)を用います。

 オリエンタルハーブティの

 百潤露(リンク)を加えます。

 

 うがい・手洗い・板藍茶!

 

風邪予防の食養生

 身体を補い、肺の機能を高めます。

 大豆、豆腐、湯葉、豆乳、豚肉、鮭、太刀魚、鯛、

 白きくらげ、白ごま、キノコ類、山芋、カボチャ。

 

風邪予防の養生法

 身体を冷やさないこと。外出時は暖かい服装に。

 外出時は、人ごみを避け、マスクをかける。

 うがい・手洗いを習慣にする。

 室内の空気を新鮮に、換気を心がける。

 体力を高め、十分な睡眠をとる。

 新鮮な野菜や果物を食べ、ビタミンを十分にとる。

 

 かぜの養生(リンク)

  新型インフルエンザ 予防(リンク)

 風邪 インフルエンザの予防(リンク)

 風邪 感冒(リンク)

 のどの痛み 扁桃炎(リンク)

 気管支炎(リンク)

 ぜんそく(リンク)

 空咳 乾いた咳(リンク)

IMGbb_0040.jpg

かぜの養生

 

  かぜの養生

 

風邪のタイプに合わせて、

 その症状に合わせて

 早めの養生が大切です。

 

冷えの風邪

 ひき始めに多いタイプです。

 身体が冷え、くしゃみ、鼻水、寒気、頭痛、などの症状が現れます。

主な症状

 ○背中がぞくぞくする。

 ○頭痛がして節々が痛い。

 ○体が冷える。

 ○鼻が詰まり、鼻水が透明で多い。

 ○痰が白く薄い。

 ○舌の苔が白く薄い。

食の養生

 身体を温めて、冷えを追い払う食材を用います。

 ねぎ、葛、生姜、シナモン、にんにく、みつば、コリアンダー

漢方薬

 頂上顆粒(リンク)

 葛根湯、小青竜湯

 

熱の風邪

 急な発熱を伴います。

 インフルエンザなどに多い症状です。

 涼性の食材を摂り、体の内側から熱を冷まします。

主な症状

 ○熱が強い。

 ○のどの痛みが強い。

 ○口が渇いてせき込む。

 ○冷たいものを飲みたい。

 ○鼻水が黄色く粘っこい。

 ○痰が濃い。

 ○舌の先が赤い。

食の養生

 身体の熱を冷ます涼性の食材を用います。

 ○菊花、グレープフルーツ、ミント茶、きゅうり、ごぼう、冬瓜、

  れんこん、トマト、大根、

漢方薬

 天津感冒片(リンク)

 板藍茶(リンク)

 

胃腸の風邪

 お腹が痛くなり、下痢や軟便を伴います。

 余分な水分を取り除き

 胃腸の調子を整えます。

 香りのよい食材は、食欲を増し

 胃腸の症状を緩和します。

主な症状

 ○胃のむかつき。

 ○胃痛、食欲不振。

 ○嘔吐下痢、お腹の脹り。

食の養生

 香りのよい食材で胃腸の症状を和らげます。

 しそ、梅干し、生姜、みょうが、カルダモン

漢方薬

 勝湿顆粒(リンク)

 五苓散

 

長引く風邪 こじれた風邪

慢性の風邪

 熱が下がっているのに、寒気がしたり

 汗をかいたり、微熱があったり、咳が出たり、

 疲労感が残って、風邪が抜けない状態です。

 弱くなった肺気能を高め、消耗した気(エネルギー)を補います。

 肺は、乾燥に弱いため、

 潤いを保つ食事をします。

主な症状

 ○咳が止まらない。

 ○息切れがする。

 ○疲労感が残る。

 ○口が渇く。

 ○痰が絡む。

 ○声がかすれる。

 ○寒気がして、くしゃみをする。

 ○微熱が出る。

 ○汗が多い。

 ○頭痛がする。

 ○皮膚が乾燥する。

食の養生

 大根、銀杏、梨、みかん、びわ、ユリ根、はちみつ

漢方薬

 潤肺糖漿(リンク)

 百潤露(リンク)

 シベリア霊芝茶(リンク)

 シベリア人参茶(リンク)

 衛益顆粒(リンク)

風邪の予防(リンク)

かぜ 感冒(リンク)

風邪 インフルエンザの予防(リンク)

新型インフルエンザ予防(リンク)

漢方養生法(リンク)