萎縮性胃炎 漢方薬

 

   萎縮性胃炎 

 

胃炎を繰り返し、胃の粘膜がただれ、

 十二指腸潰瘍、胃潰瘍を繰り返し、

 慢性に炎症を繰り返し、

 胃の粘膜の細胞が壊れ、

 胃の粘膜が委縮して、

 萎縮性胃炎になります。

 

漢方で言う津液(しんえき)とは、

 胃粘膜の新しい細胞を作り、

 胃粘膜に潤いを与え、

 胃の粘膜を守ります。

  津液がなくなると、

 胃の粘膜がただれやすくなり、

 炎症が続き、

 粘膜の細胞が壊れ、修復できなくなり、

 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、 

 萎縮性胃炎になります。

 

胃の粘膜、十二指腸の粘膜の

 ただれや炎症を改善するために

 ストレスを発散し、

 胃・十二指腸の緊張を解きほぐして改善する

 疏肝理気剤(そかんりきざい)の

 漢方薬

 四逆散料(リンク)

 を用います。

 

 胃・十二指腸の炎症を鎮めて改善する

 清熱剤(せいねつざい)の

 漢方薬などを用います。 

 

 

 細胞に潤いを与え、

粘膜を守る津液(しんえき)を作り出し、

 胃・十二指腸の粘膜に潤いを与え、

 胃・十二指腸の粘膜を守り、

 新しい粘膜を作り出す

 補気補陰剤(ほきほいんざい)の 

 漢方薬

 麦味参顆粒(リンク)

 香西洋参(リンク)

 百潤露(リンク)を用います。

   

傷ついて損傷して萎縮した粘膜の再生

 血流を改善し、粘膜に新しい血液を送り

 胃・十二指腸の皮膚粘膜を再生するために

 抗炎生肌剤

 紅沙棘(リンク)を用います。

  皮膚粘膜を守る粘液を作り出すための

 漢方薬

 百潤露

 香西洋参を用います。

 

 2005dd.11.3 013.jpg

 

ストレス(リンク)や緊張によって

 濃い胃液が過剰に分泌して

 過剰な濃い胃液によって

 胃・十二指腸の粘膜が、ただれて充血する時

 緊張を解きほぐし

 胃液の過剰な分泌を和らげるために

 疏肝理気剤漢方薬

 四逆散料

 開気丸(リンク)を用います。

 気持ちを安らかにし

 緊張を解きほぐす 

 安神剤

 シベリア人参茶(リンク)を用います。 

 

 ドライシンドローム(リンク)

 逆流性食道炎(リンク) 

 胃 十二指腸潰瘍(リンク)   

 2003cc.6.7 032s.jpg