小児頭痛

 

  小児頭痛 小児慢性頭痛

 

小学生から中学生の年齢にかけて

 頭痛を繰り返す体質があります。

 風邪気味の時、疲れた時、学校で行事がある時、

 ストレス(リンク)がたまった時、緊張した時、

 学校へ行く前、などに頭痛(リンク)を起こします。

 

漢方では、

 虚弱体質、風邪をひきやすい体質、お腹を壊しやすい体質

 を虚証と言います。

 弱った気を補う補気薬を用います。

 胃腸の働きを整え、消化吸収を助け

 免疫力を高め、体力をつけ、

 病気にかからない丈夫な体力を作るために

 補腎薬を用います。

 

 お腹を壊しやすい、下痢しやすい、

 胃腸が弱いタイプには、

 消化吸収を助けるために

 補気健脾剤を加えます。

 

 ストレスや緊張すると頭痛が起きるタイプには

 緊張を解きほぐし、免疫力を高めるために

 補腎安神剤を加えます。

   

 オリエンタルハーブティの紹介

   晶三仙(リンク)

   シベリア人参(リンク)

 

 小児腹痛(リンク)

 自家中毒(リンク)

 起立性調節障害(リンク)

 夜尿症(リンク)

 ストレス(リンク) 

   2005bb.4.21 031s.jpg