自律神経失調症 漢方薬

 

  自律神経失調症

 

 自律神経は、交感神経と副交感神経によって

 成り立っています。

 交感神経は昼間に働き、緊張・集中の作用

 副交感神経は夜に働き、リラックスの作用

 この交感神経と副交感神経のバランスが崩れて

 自律神経失調症になります。

 交感神経の緊張が一日中続いて

 副交感神経のリラックス作用が現れない状態になります。

 その原因は、ストレス(リンク)、怒り、不安、緊張、

 生活習慣の乱れなどによると考えられます。

 心と体のバランスが崩れて、

 身体が悲鳴を上げています。

  症状は、

 不安、動悸(リンク)、

 不眠(リンク)、抑うつ、発汗、血圧の変動、

 物忘れ、記憶力の低下、

 イライラ(リンク)、のぼせ、

 五月病(リンク)

 頭痛(リンク)、

 めまい(リンク)、倦怠感、

 腹部膨満感(リンク)、吐き気、

 アトピー(リンク)

 過呼吸(リンク)

 パニック(リンク)、 

 うつ病(リンク)、

 不安神経症(リンク)、 

 おならがよく出る(リンク)

 春バテ(リンク)

 夢をよく見る(リンク)

 朝起きられない(リンク)

 落ち込み くよくよする(リンク)

 驚きやすい(リンク)

 のどの詰まり つかえ(リンク)

 歯ぎしり(リンク)

 口が苦い(リンク)

 げっぷ(リンク)

 多汗症(リンク)

 手汗(リンク)

 体臭(リンク)

 ニキビ(リンク)、

 肩こり、下痢と便秘、のどのつかえ、息苦しい、

 集中力の低下、などの症状があります。

 

 また自律神経の乱れは、女性ホルモンに影響を与え

 月経血の乱れ(リンク)、

 生理痛(リンク)、生理不順、

 不妊症(リンク)、

 更年期障害(リンク)、にもなります。

 

 まじめな人、やさしい人、几帳面な人、

 完璧な人、責任感の強い人、一途な人

 に現れやすい症状です。

 心の奥底に、心の深部に、

 不安、怒り、悲しみ、緊張が残っている状態です。

  

 IMG_h3976.jpg

 

自律神経の緊張を解きほぐし

 ストレス(リンク)を発散し

 のどの痞え、息苦しさ、肩こり、腹部膨満感、

 お腹が脹る、吐き気、

 不安、動悸、不眠、などを改善する

 疏肝理気剤を用います。


漢方薬の紹介

 四逆散(リンク)


気の巡りをよくする食材

 オレンジ、みかん、ニガウリ、ミント、セロリ、春菊、

 パセリ、ジャスミン、レモン、ブドウ、枸杞ジュース、

 ローズヒップティー、クチナシ、せり、ラベンダー、

 カモミールティー、菊花茶、いか、あさり、しじみ、

 

漢方では、ストレスを発散し、

 緊張を解きほぐし、

 気持ちを安らかにし

 記憶力を増し、

 免疫力を高め、免疫力を調節し

 自律神経のバランスをととのえるために

 厳しい環境に心身ともに適応する  

 補腎安神剤を用います。


オリエンタルハーブティの紹介

 シベリア人参茶(リンク)

 

  IMG_h2960.jpg

 

気持ちの高ぶりがあり、イライラする時には

 ストレスを発散して、気持ちを鎮める

 漢方の疏肝理気剤を用います。


漢方薬の紹介

 逍遥顆粒(リンク)

 

 大脳の興奮を鎮め

 自律神経の近著を解きほぐし

 心を安らかにする

 養肝安神薬を用います。

 

冷え性で、貧血、低血圧があり 

 気持ちが沈んで、憂鬱で、不安、不眠を感じる時

 新しい血液を作り、気持ちを安らかにし、

 気持ちを引き立てるために

 補気補血剤を用います。


●漢方薬の紹介

 心脾顆粒(リンク)

 シベリア人参茶(リンク)

 

血流が悪く、頭痛、肩こり、動悸などがする時、

 血流を改善し血液を隅々にととかせて

 体調を整える

 活血剤を用います。


●漢方薬の紹介

 冠元顆粒(リンク)

 

基礎代謝が低く、冷えが強く、

 気持ちが沈んで、低体温などがある

 腎陽虚のタイプには

 新陳代謝を活発にして体調を整える

 補腎補陽薬を用います。

 

細胞を潤す津液、

 細胞に潤いを与える津液が不足して

 ドライアイ、口の渇き、手足のほてり、不眠などの

 腎陰虚の場合は

 細胞に潤いを与えて整える

 補陰剤を用います。

 

自律神経の乱れによっておこる症状

 朝、なかなか起きられない。

 季節の変わり目に、体調を崩しやすい。

 飲み込む時に、喉につかえる感じがする。

 めまい、耳鳴り、立ちくらみを、よく起こす。

 胸が締め付けられる感じがする。

 胸がザワザワと感じて不安になる。

 突然、胸がドキドキする。

 突然、息苦しくなる。

 緊張によって、手足が冷える。

 お腹が張って、食事がおいしくない。

 下痢と便秘が交互に来る。

 肩こりで、肩甲骨が苦しい。

 手足がだるく、力が入らない。

 長く寝ても、寝不足を感じる。

 夢をよく見る。

 怖い夢を見て、うなされる。

 冷たい風を吸ったとき、咳が出る。

 顔だけ汗が出る。

 手のひらと、脇の下に汗が出る。

季節と漢方薬(リンク) 

 

漢方薬の紹介

 心脾顆粒(リンク)

 逍遥顆粒(リンク)

 四逆散(リンク)

 

オリエンタルハーブティーの紹介

   シベリア人参(リンク)

 

頑張りすぎない。

 欲張りすぎない。

 完璧を求めすぎない。

 慌てない、焦らない。

 夜更かしをしない。

 過度な運動を控える。

 自然の中に身を置く。

 自然の中に溶け込む。

 自然を楽しむ。

 掛け替えのない一日を大切に。

 

  IMG_h3191.jpg