卵巣嚢腫 卵巣に水がたまる

 

 卵巣嚢腫・卵巣に水がたまる  

 

卵巣のう腫は、

 卵巣の中に身体の外に代謝されなければならない、

 液体成分がたまり、卵巣がはれている状態です。

 卵巣は、直径2〜3cm大きさで、子宮の左右にあり、

 卵巣と子宮をつなぐ卵管があります。

 卵巣と卵管がはれる腫瘍の中で、

 良性のものが卵巣のう腫と言われます。

 卵巣のう腫は、3つのタイプに分けられます。

 

生理痛(りんく)、腹痛、腰痛、下腹部のしこり、頻尿、便秘、

 などの症状が現れます。

 子宮内膜症(リンク)

 子宮筋腫(リンク)、

 チョコレートのう腫(リンク)

 伴う場合もあります

 生理で体質がわかります。(リンク) 

 

●粘液性嚢胞

 ねばねばした黄色い液体が嚢胞内にたまります。

●漿液性嚢胞

 サラサラした透明な液体が嚢胞内にたまります。

●類皮嚢胞

 皮脂、毛髪、歯、軟骨などをふくんだ嚢胞です。

 

 漢方では、粘液性嚢胞と漿液性嚢胞に用います。

 

 卵巣嚢腫が大きくなると、卵巣の茎の部分が回転し、

 茎捻転の激しい腹痛がおこることがあります。

 

漢方では、

 卵巣嚢腫は、卵巣に身体にいらない水分がたまった

 痰飲(たんしん)、痰湿(たんしつ)と

 卵巣にいらない血液がたまった

 オ血(おけつ)と考えます。

 

新しい血液を作りだし、

 女性ホルモンの働きを整え、

 月経(リンク)のリズムを整え、

 卵巣に新しい血液を流し、卵巣の弱った働きを

 正常に戻すために、

 婦宝当帰膠(リンク)を用います。

  

 卵巣に溜まった液体である痰飲、痰湿を代謝し、

 免疫力を高め炎症を鎮め

 卵巣の腫れを改善するために

 補腎補気剤利水消炎剤を用います。

 オリエンタルハーブティの

 シベリア霊芝茶(リンク)を加えます。

  

 卵巣に溜まった血液であるオ血を流して、

 卵巣の腫れを改善するために

 活血止血剤を用います。

 オリエンタルハーブティの

 田七人参茶(リンク)を加えます。

 

卵巣の壊れた細胞を修復して

 新しい細胞を作り出すために、

 抗炎生肌剤を用います

 オリエンタルハーブティを加えます。 

 

胃腸の働きが弱り下痢しやすいタイプや、

 体がむくみやすいタイプには、

 身体に溜まったいらない水分の

 痰飲、痰湿を除くための

 漢方薬を用います。

 むくみが強い時は、利水作用の漢方薬を用います。

 

免疫力を調節するために

 オリエンタルハーブティを加えます。 

 

オリエンタルハーブティーの紹介

  シベリア霊芝茶(リンク)

  田七人参茶(リンク)

  紅沙棘(リンク) 

  星火霊芝宝(リンク) 

 

  20dd.04.18 037s - コピー.jpg