乳腺症

 

     乳腺症 

 

乳房にしこりを感じ、違和感や痛みを伴い、

特に月経時に痛みが強くなります。

 

乳がんを疑い、検査をして、乳腺症、乳腺異形性と

診断されます。

 

乳腺症は、女性ホルモンのバランスが崩れ、

乳腺の発育に影響を及ぼす

卵胞ホルモン(エストロゲン)が過剰になり、

活発になりすぎて、

発症します。

乳腺症は、前がん症状として重要視されています。 

乳腺症 漢方薬

 

 

    乳腺症 漢方薬 

 

 

漢方では、

 自律神経の働きを肝(かん)と言います。

 自律神経の緊張が強い状態を、

 肝気鬱結(かんきうっけつ)と言います。

 

 精神的なストレスや生活の乱れにより、

 緊張がたまり、 

 自律神経の緊張が長く続き、

 自律神経の緊張が女性ホルモンのバランスを乱し、

 卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用が過剰になり、

 乳腺が増生され、

 乳房にしこり、違和感、痛みを感じる

 乳腺症になります。

 乳腺症は、子宮筋腫の方に多いと言われます。 

 

 ストレスを発散し、自律神経の緊張をゆるめ

 ホルモンのバランスを整え

 乳腺のしこり、違和感、痛みを改善するために

 逍遥丸(リンク)、

 開気丸(リンク)を用います。

 ストレス、緊張、イライラなど

 自律神経の緊張を解きほぐし、

 大脳の興奮を鎮め

 ホルモンのバランスを整えるために

 酸棗仁湯顆粒(リンク)を用います。

 血流を改善し、しこりを小さくするために

 冠元顆粒(リンク)を加えます。

 

乳腺の増生による終末部乳管の増生は、

 ガン化する恐れ があるため

 免疫力を高め免疫力を調節し

 がん化を防ぐために 

 補腎消腫利水剤を用います。

 

 オリエンタルハーブティーの紹介

   田七人参(リンク)

   霊芝胞子(リンク)

   シベリア霊芝(リンク)

 

  乳腺炎(リンク) 

   IMG_h1768 - コピー.jpg