がん 漢方薬

 

   がんと漢方薬 

 

 がん に対する漢方の考え方は、

 『扶正 去邪』(ふせい きょじゃ)を中心とします。

 扶正とは、正気を補い免疫力を高め

       免疫力を調節する ことを言います。  

 去邪とは、病邪を取り除く ことを言います。

 「不正去邪」が漢方治療の原則です。